Research press release

【ウイルス】培養細胞でのMERSコロナウイルスの伝播を阻害する分子

Nature Communications

Virology: Inhibiting MERS coronavirus spread in cultured cells

培養細胞での中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)の広がりを阻害できる分子が開発されたことを報告する論文が、今週掲載される。

今回、Shibo Jiangたちは、ウイルスの細胞への侵入を引き起こすMERS-CoVタンパク質と相互作用できる短いペプチド(タンパク質断片)を設計した。このペプチドは、培養細胞で使用されると、細胞のMERS-CoV感染を効率的に抑制できる。

MERS-CoVは、1年以上前に中東で出現し、死亡率の高いSARSに似た病気の流行を引き起こした。密接な接触によるヒトからヒトへの感染が報告されたため、この疾患の流行可能性に関して世界的な懸念が生じている。そのため、このウイルスの伝播を阻害できる薬物の開発が非常に重要であり、今回の研究は、この目標に向けた一歩前進となる可能性がある。ただし、この論文で報告された分子が、中東呼吸器症候群の動物モデルにおいてウイルス感染を有効に抑制できるのかどうかは明確になっていない。

Development of a molecule capable of inhibiting the spread of Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus (MERS-CoV) in cultured cells is reported this week in Nature Communications.

Shibo Jiang and colleagues designed a short peptide (protein fragment) capable of interacting with MERS-CoV protein responsible for virus entry into the cells. When used in cultured cells, this peptide could efficiently block the infection of cells with MERS-CoV.

Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus emerged over a year ago in the Middle East causing outbreaks of a SARS-like illness with a high case fatality rate. The reports of its person-to-person transmission through close contacts have raised a global concern about its pandemic potential. Therefore the development of drugs capable of inhibiting its spread is of great importance and this study may provide a step towards this goal. It is not yet clear, however, whether the molecule reported here will also be effective in blocking virus infection in animal models of the disease.

doi: 10.1038/ncomms4067

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度