Research press release

【化学】未来の経済的なプリンターはウォータージェット方式だ

Nature Communications

Chemical science: Water marking the future of economical printing

インクではなく、水を使ったプリンター印刷を可能にする技術について報告する論文が、今週掲載される。プリンター印刷は、インクがかなり高コストで、大量の紙が無駄になることもある。特に短い期間だけ使用される書類の場合は、そうなることが多い。この論文で報告される方法を用いると、印刷用紙を何度も再利用できるので、無駄が少なくなり、ランニングコストを減らせる可能性がある。

今回、Sean Xiao-An Zhangたちは、水に反応する染料で加工した印刷用紙を開発した。そして、インクジェットプリンターを用い、インクの代わりに水を使うという簡便な方法で、通常の印刷を行った。印刷面は、繰り返し消したり印刷したりでき、印刷品質は低下しなかった。印刷しても一度しか読まれない書類が多いことを考えると、今回開発された方法は、これまでより無駄の少ない方法となる可能性がある。

The ability to print on to sheets of paper using water instead of ink is reported in Nature Communications this week. Printing typically involves large amounts of waste paper and reasonably expensive ink, often for documents that are only used for a brief time. The method reported in this research allows the paper to be reused numerous times, thus reducing waste, and could potentially have cheaper associated running costs.

Sean Xiao-An Zhang and co-workers treated papers with water responsive dyes. They found that simply by replacing the ink in an ink-jet printer with water they could then print as normal. The text could be erased and rewritten many times without a loss in quality. Given that many documents are printed for one-time reading, this method could offer a less wasteful alternative to traditional methods.

doi: 10.1038/ncomms4044

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度