Research press release

がん治療:2段階プロセスで腫瘍を狙い撃つ

Nature Communications

Cancer therapy: Tumour targeting in two steps

薬物をがん組織に選択的に投与するために用いる多用途の化学的標識について報告する論文が、今週掲載される。この標識は、原理的には、さまざまな既存の抗がん剤に結合させ、異なる種類の腫瘍関連酵素による2段階の過程で取り外すことができ、これによって抗がん療法の有効性を高められる可能性がある。

この化学的標識を取り外して薬物を放出するためには、2種類の酵素が必要で、この過程が、主にがん細胞で起こることをNobuhide Uekiたちが報告している。その1つであるヒストンデアセチラーゼは、アセチル基をタンパク質から除去することで遺伝子発現を調節し、腫瘍内で活性化していることが多い。もう1つのカテプシンLは、腫瘍の進行と転移と結びついていると考えられてきた。ヒストンデアセチラーゼによって化学的標識からアセチル基が取り外されると、1つの結合部位が露出し、この結合部位によって、その後にカテプシンLによる切断が起こるのだ。Uekiたちは、大腸がんの動物モデルを用いて、この化学的標識を抗がん剤ピューロマイシンに結合させる実験を行い、標識されたピューロマイシンの方が、標識されていないものよりも腫瘍増殖の阻害効果が高いことを明らかにした。

A versatile chemical tag that targets drugs to cancer tissue is reported in a study published in Nature Communications this week. The tag, which can in theory be attached to a variety of existing anti-cancer drugs and is removed in a two-step process by different types of tumour-associated enzymes, could increase the efficacy of anti-cancer therapies.

Two enzymes are required to remove the tag and release the drug, which is expected to occur predominantly in cancerous tissue, Nobuhide Ueki and colleagues report. Histone deacetylases control gene expression by removing acetyl groups from proteins and are often active in tumours and cathepsin L has been linked to tumour progression and metastasis. Removal of an acetyl group from the tag by histone deacetylases exposes a binding site that allows for subsequent cleavage by cathepsin L. The authors attach the tag to the anti-cancer drug puromycin and show that tagged puromycin is more effective than the free drug in inhibiting tumour growth in an animal model of colon cancer.

doi: 10.1038/ncomms3735

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度