Research press release

【神経科学】メチルフェニデートが薬物探索行動を亢進させる

Nature Communications

Neuroscience: Ritalin drives the need for speed

リタリンという処方薬に含まれる活性化合物メチルフェニデートには、リタリンを追加的に摂取したときの脳の応答を増強させる作用がある。このほど、ラットがメチルフェニデートを自己摂取できるようにした実験が行われ、アンフェタミン探索行動が亢進することが明らかになった。この新知見は、快楽追求目的にも用いられている処方薬に隠された副作用の存在を示している。

メチルフェニデートは、西欧諸国で、注意欠陥・多動性障害(ADHD)とナルコレプシーに広く処方されているが、認識促進効果と陶酔感が得られるという研究報告があるため、快楽追求目的にも用いられている。しかし、快楽追求目的でのメチルフェニデート摂取の神経生物学的意義に関する情報は少ない。今回、Sara Jonesたちは、この論点に取り組むため、ラットにメチルフェニデートを自己摂取させる実験を行ったところ、この自己摂取活動によって、ドーパミン輸送体タンパク質の濃度が上昇し、この活動が、常習行為に大きく関係することが判明した。さらには、メチルフェニデートによるドーパミン輸送体濃度の上昇が、メチルフェニデートやそれと類似した特性を有する薬物(例えばアンフェタミン)の探索行動を亢進させることが明らかになった。

ヒト集団におけるドーパミン輸送体濃度には個人差があり、ADHDと外傷後ストレス障害の患者で観察されているが、Jonesたちは、この個人差から、メチルフェニデートやアンフェタミンなどの化合物の乱用に対する感受性を予測できる可能性があると考えている。ただし、この点を確認するには、ヒト集団における研究をさらに進めることが必要だ。

Methylphenidate, the active compound in the drug Ritalin, can enhance the way the brain responds to further exposure to the drug and can cause increased amphetamine-seeking behaviour in rats when self-administered. The findings reported in this week’s Nature Communications reveal hidden side-effects of a prescribed drug that is also used for recreational purposes.

In the Western world, methylphenidate is commonly prescribed for attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD) and narcolepsy, but is also taken for recreational use due to its reported cognitive-enhancing and euphoric effects. However, available information on the neurobiological implications of recreational methylphenidate consumption is limited. To address this issue, Sara Jones and colleagues allow rats to self-administer methylphenidate and find that this activity causes increases in the levels of dopamine transporter proteins, which is heavily implicated in addictive behaviours. They further show that the methylphenidate-induced increase in dopamine transporter levels is directly linked to an increase in drug-seeking behaviour towards methylphenidate, as well as drugs with similar properties, such as amphetamines.

The authors suggest that individual variations in dopamine transporter levels in the human population, which are observed in ADHD and post-traumatic stress disorder patients, may predict susceptibility to abuse of compounds such as methylphenidate and amphetamines. However, further studies on human populations will be needed to validate this.

doi: 10.1038/ncomms3720

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度