Research press release

【古生物学】大量絶滅を生き延びた古生代のサメ

Nature Communications

Palaeontology: Palaeozoic sharks survived mass extinction

cladodontomorphサメは、二畳紀末期の大量絶滅によって死に絶えたと考えられていたが、このほど、フランス南部で発見された古代のcladodontomorphサメの化石によって、このサメが、この大量絶滅を生き延びていたことが示唆されている。二畳紀末期の大量絶滅では、海洋生物種の90%以上と陸上脊椎動物の約70%が死滅したと考えられているが、このほど行われた研究で、cladodontomorphサメが深海域に移動していて大量絶滅事象を生き延びた可能性が示唆されている。

今から3億5000万年前に大きな生物学的転換が起こり、二畳紀と三畳紀という地質年代の境目になった。この転換は、いくつかの魚分類群、特に軟骨魚類の大量絶滅と現生サメ類の定着をもたらした。今回、Guillaume Guinotたちは、フランス南部の深海底の1億4000万年~1億3300万年前の地層から、いくつかの歯の化石を含むcladodontomorphサメの化石群を発見した。このサメは、二畳紀と三畳紀の境界期に姿を消したと考えられていたが、今回の発見によって、このサメ類の化石記録が約1億2000万年も先まで伸びた。Guinotたちは、このサメが二畳紀末期の大量絶滅を生き延びたことが、この新たな化石によって明らかになったと考えている。

また、Guinotたちは、二畳紀と三畳紀の移行期に破滅的な大量絶滅が起こったとき、cladodontomorphが深海域へ逃避して生き残ったという仮説を提唱しており、深海域で発見される化石には、古代の魚類の進化史に関する貴重な情報が含まれていることが今回得られた知見によって示されたと考えている。

The discovery of ancient cladodontomorph shark fossils in Southern France suggests that these marine creatures survived the end-Permian mass extinction, or Great Dying, when it had been previously thought that they died out. The end-Permian mass extinction is believed to have wiped out over 90% of all marine species and around 70% of terrestrial vertebrate and this finding, published in Nature Communications, suggests that cladodontomorph shark may have survived the event by moving to deep areas of the ocean.

A major biological turnover occurred about 350 million years ago, marking the boundary between the Permian and the Triassic geologic periods. This turnover represents a mass extinction of several fish groups and cartilaginous fishes in particular, and the establishment of modern sharks. Guillaume Guinot and colleagues find a cladodontomorph shark assemblage, including several fossil teeth, in a deep sea platform of Southern France from 140-133 million years ago. Cladodontomorphs were thought to have vanished at the Permian-Triassic boundary but this finding increases the fossil record of the group by about 120 million years. The authors suggest that this shows that the cladodontomorphs survived the end-Permian mass extinction.

The researchers propose that these now extinct sharks survived the Permian-Triassic transition in deep-sea refuges during catastrophic events, and suggest that these findings illustrate how deep-sea fossils contain valuable information about the evolutionary history of ancient fishes.

doi: 10.1038/ncomms3669

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度