Research press release

【がん】ホジキンリンパ腫の遺伝性

Nature Communications

Cancer: Hereditary Hodgkin’s lymphoma

ホジキンリンパ腫に対する感受性に関連する遺伝子多様体が新たに同定された。この新知見は、ホジキンリンパ腫に遺伝的要素があるとする学説をさらに裏付けるものであり、ホジキンリンパ腫の原因に関する新たな手がかりをもたらしている。

ホジキンリンパ腫の発症には家族性リスクのあることが知られており、このリスクの根底にある遺伝的要因のいくつかがこれまでに同定されている。今回、Richard Houlstonたちは、過去のさまざまな研究で公表されたデータを組み合わせて、1,465のホジキンリンパ腫症例と6,417の対照例のデータセットを生成した。ここからHoulstonたちは、ホジキンリンパ腫の発症リスクに関連する2個の遺伝子多様体を3p24.1と6q23.3上に新たに同定した。

New genetic variants associated with susceptibility to Hodgkin’s lymphoma are reported in a study published in Nature Communications this week. These findings provide further support for the hereditary component of Hodgkin’s lymphoma and provide new insight into potential causes of the disease.

There is a known familial risk for developing Hodgkin’s lymphoma and some of the genetic factors underlying this risk have been identified. Richard Houlston and colleagues now combine previously published data from different studies to generate a dataset of 1,465 Hodgkin’s lymphoma cases and 6,417 controls. From this, they identify two new genetic variants, 3p24.1 and 6q23.3, that are associated with the risk of developing Hodgkin’s lymphoma.

doi: 10.1038/ncomms3549

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度