Research press release

【地球科学】隕石から蒸発した最後の水滴が残していったもの

Nature Communications

Earth sciences: Water’s farewell gift

宇宙空間を突き進む隕石から蒸発する古代の水の最後の瞬間が明らかになった。この新知見は、地球上の水が宇宙から到来したとする学説を裏付けている。

隕石は、太陽系が形成した46億年前から宇宙空間を移動している大きめの小惑星のかたまりだ。隕石は、最も古い宇宙粒子でできており、地球上の水分と生物の起源を決定するための非常に重要な情報が含まれている可能性がある。今回、木村勇気(きむら・ゆうき)たちは、2000年にカナダに落下した隕石に含まれる微小結晶の磁気特性を調べて、かつて宇宙空間に存在していた古代の水の特徴を明らかにした。木村たちは、微小なマグネタイト粒子の磁性のために、水分の最後の一滴が乾燥するときにのみ結晶が形成した可能性があり、その結果残った独特の水滴痕が数十億年後の今になって発見されたことを明らかにした。

The last moments of ancient water as it evaporated from a meteorite hurtling through space are identified in Nature Communications this week. These findings add weight to the suggestion that Earth’s water arrived from space.

Meteorites are chunks of bigger asteroids that have been floating around in space since the formation of the Solar System, 4.6 billion years ago. They are made from the first cosmic grains and may contain crucial information for determining the origins of both water and life on Earth. Yuki Kimura and colleagues investigated the magnetic properties of minute crystals in a meteorite that fell to Earth in Canada in the year 2000 to reveal the signature of ancient water that once existed in space. The team show that the magnetism of the tiny magnetite particles is such that the crystals could only have formed as the very last droplets of water dried out, leaving behind a unique watermark to be discovered billions of years later.

doi: 10.1038/ncomms3649

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度