Research press release

【地球科学】土壌による炭素吸収を仲介するミミズと地球温暖化

Nature Communications

Earth sciences: Global worming -- earthworms mediate soil carbon sink

土壌にミミズがいると、土壌中に固定される炭素の量が二酸化炭素(CO2)の排出量を上回るという研究結果が明らかになった。最近、土壌にミミズがいるとCO2排出量の大幅な増加につながるという主張がなされたが、今回の新知見は、これと相反している。

全球的に見ると、土壌には、大気中の2倍の量のCO2が含まれており、ミミズは、土壌中で産生されるCO2の量、安定炭素として隔離されるCO2の量、大気中に放出されるCO2の量にそれぞれ影響を与えることが知られている。今回、Weixin Zhangたちは、土壌にミミズがいれば、ミミズによって安定化する炭素の量が、炭素の無機化過程で変換されるCO2の量を上回るという見解を示している。Zhangたちが行った実験では、アジアとヨーロッパの2種のミミズの侵入種がいる土壌では、当初、CO2排出量が増加したが、長期的には、炭素貯蔵量の増加によって相殺され、ミミズのいない土壌と比較して、土壌から放出される可能性のあるCO2の総量はあまり変わらなくなった。また、Zhangたちは、土壌での炭素貯蔵に対するミミズの影響を定量化し、土壌炭素フラックスの予測精度を高めるうえでも役立つ可能性のある数式を提唱した。

Zhangたちは、土壌中にミミズがいると、CO2排出量が33%増加するという見解は極端な過大評価である可能性が高いと結論づけた。しかし、3,000種以上のミミズがさまざまな種類の土壌に生息しているので、ミミズが地球の敵なのか味方なのかを断定するには、さらなる実験が必要とされる。

Earthworms lock up more carbon in soils than they release as carbon dioxide (CO2), according to a study published in Nature Communications this week. This finding contradicts recent claims that earthworm presence in soils leads to a substantial increase in CO2 emissions.

Globally, soils contain twice as much CO2 as the atmosphere and earthworms are known to affect how much CO2 is produced in the soil, how much is locked away as stabilized carbon and how much is released to the atmosphere. Weixin Zhang and colleagues now suggest that that the presence of earthworms is more likely to create a carbon sink as the carbon stabilized by earthworms outweighs that converted to CO2 during carbon mineralization. Their experiments show that the initial increase of CO2 release from soils containing two Asian and European invasive earthworm species can be offset in the longer term by enhanced carbon storage and that the total amount of CO2 that can potentially escape the soil differs little from soil containing no earthworms. The authors propose a mathematical formula that could help to quantify the effects of earthworms on soil carbon storage and lead to more accurate predictions of soil carbon flux.

The team conclude that the suggestion that earthworm presence in soils leads to a 33% increase in CO2 emissions is likely a severe overestimate. However, there are over 3,000 species of earthworm living in many different soil types and more experiments are needed before we can definitely determine whether the humble earthworm is a global friend or foe.

doi: 10.1038/ncomms3576

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度