Research press release

【化学】バイオ燃料の増産に役立つ方法

Nature Communications

Chemistry: Enhanced biofuel production

遺伝子組換え酵母を用いてバイオ燃料の生産効率を高める方法が、今週、Nature Communicationsで発表される。今回の代謝工学研究が行われた結果、この遺伝子組換え酵母を用いて、これまでより大量のセルロース系バイオマス(樹木、草や食用に適さない植物材料から産生される)をエタノールに変換できるようになった。

微生物を用いたセルロース系の非食用バイオマスのバイオ燃料への変換には、今のところ、数々の制約がある。バイオマスの成分で大きな割合を占めるのがキシロースだが、微生物がこれをなかなか代謝できないうえ、この代謝過程では、他の成分から酢酸が生成される。それに、酢酸は微生物に対して毒性があるため、バイオ燃料の生産性がさらに低下するのだ。今回、Yong-Su Jinたちが作製した遺伝子組換え酵母は、キシロースと酢酸の両方を代謝できることが判明した。その結果、これまでより効率的なバイオマスの利用が可能となり、生産性と収量が向上した。

A strategy that uses engineered yeast to enhance biofuel production is reported in Nature Communications this week. As a result of metabolic engineering, the yeast is capable of converting more cellulosic biomass - produced from wood, grasses and inedible plant material - to ethanol than was previously possible.

Microbial conversion of cellulosic, non-edible, biomass to biofuels currently has a number of limitations. A large part of the biomass is made up of xylose, which the microbes struggle to metabolize, and other components lead to the formation of acetic acid during the metabolism. This is toxic to the microbes and so further reduces the productivity. Yong-Su Jin and colleagues have demonstrated that their engineered yeast is capable of metabolizing both xylose and acetic acid, thus making use of more of the biomass and improving productivity and yield.

doi: 10.1038/ncomms3580

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度