Research press release

【がん】がんの発生におけるウイルスの役割

Nature Communications

Cancer: Cancers that ‘bug’ you

19種のがんの4,000点以上の腫瘍の分析が行われ、がんの発生におけるウイルスの役割の評価が行われた。今回の研究は、腫瘍形成におけるウイルスの役割を解明するための包括的なデータセットをもたらしている。

今回、Erik Larssonたちは、「がんゲノムアトラス」のデータを用いて、19種のがんサブタイプの4,438点の腫瘍においてウイルス核酸を検出し、178点の腫瘍からウイルスRNAが見つかった。そして、子宮頸がんにヒトパピローマウイルスの存在が確認され、肝細胞がん(肝がん)にB型肝炎ウイルスが確認された。これに対して、ウイルス原因説が提唱されていた乳がんと多形性膠芽腫(脳のがん)にはウイルスの存在が検出されなかった。今回用いられたデータには、膀胱、結腸、脳、腎臓、皮膚、卵巣、前立腺、甲状腺、直腸、肺など多様な腫瘍が含まれていた。今回の研究では、膀胱がんの7.3%、結腸がんの9.8%、頭頚部がんの14.8%、そして、直腸がんの5.6%にウイルスRNAの存在が確認され、これらの腫瘍の中でウイルスが何らかの役割を担っているものの割合が小さい可能性が示唆されている。

今回の研究は、腫瘍に含まれるウイルスの分析結果として最大規模のものをもたらし、この結果は、腫瘍形成においてウイルスが広範な役割を果たすという考え方を排除している。

An analysis of more than 4,000 tumours from 19 different cancer types assesses the role of viruses in causing the disease. The work, published this week in Nature Communications, provides a comprehensive dataset for understanding the role of viruses in tumour formation.

Erik Larsson and colleagues used data from The Cancer Genome Atlas to detect the presence of viral nucleic acids in 4,438 tumours from 19 different cancer subtypes and found that 178 tumours contained viral RNA. They confirmed the presence of human papillomavirus in cervical cancer and also hepatitis virus B in hepatocellular (liver) cancer. However, they did not detect the presence of viruses in breast cancer or glioblastoma multiforme (cancer of the brain), both of which have been suggested to have a viral cause. The data covers a diverse set of tumours including those from bladder, colon, brain, kidney, skin, ovary prostate, thyroid, rectum and lung. They find that 7.3% of bladder, 9.8% of colon and 14.8% of head and neck, and 5.6% of rectal cancers contain the presence of viral RNA, implying that virsuses may have a role in a small fraction of these tumours.

These findings provide the largest analysis of viruses in tumours and preclude a broad spectrum role of viruses in tumour formation.

doi: 10.1038/ncomms3513

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度