Research press release

【気候】新石器時代の人口の増減

Nature Communications

Climate: Neolithic population boom or bust

ヨーロッパでは、農業が導入された後、人口増加という一般的傾向があったにもかかわらず、地域的な人口の激減も起こっていたという研究結果が明らかになった。この研究では、こうした人口激減の原因が、これまで考えられていた極端な気候状態ではなかったことが示唆されている。

農業がエーゲ海地方に導入されたのは、今から約8,500年前のことで、その後、ヨーロッパ中で着実に広がり、約7,800年前にフランスに達し、約6,000年前に英国、アイルランドと北ヨーロッパに到達した。いずれの場合も農業の導入によって、食料の生産と消費のパターンが大きく変化し、その結果、人口が急増した。今回、Stephen Shennan、Sean Downeyたちは、ヨーロッパの新石器集団の放射性炭素データを示し、人口密度の経時的変化を正確に決定した。その結果、研究対象となったヨーロッパ内の12地域(南フランス、スコットランド、デンマークなど)すべてで、人口の急激な変動があったことが判明した。農業導入後最も多かった時期と比べて30~60%の人口減少となった場合もあり、その減少規模は、それからかなり後の黒死病(ペスト)流行時の減少規模と等しかった。中世の人口が新石器時代の人口をかなり上回っていたにもかかわらずである。

また、今回の研究では、こうした人口の変動が気候的要因と関連していないことがわかった。この人口減少の正確な理由は、いまだに明らかになっていない。

The introduction of agriculture in Europe was followed by regional population crashes despite general trends of demographical growth in the region, reports research published in Nature Communications. The work suggests that these sharp population decreases weren’t due to extreme climatic conditions, as has previously been suggested.

Agriculture was introduced in the Aegean around 8,500 years ago and steadily spread across Europe, reaching France around 7,800 years ago, and Britain, Ireland and northern Europe circa 6,000 years ago. In all instances, the introduction of agriculture meant a drastic change in food production and consumption patterns, which led to a demographic boom. Stephen Shennan, Sean Downey and co-authors present radiocarbon data of Neolithic populations across Europe, and accurately date population density changes in time. They find that, in all of the 12 different European regions studied, from the South of France to Scotland and Denmark, drastic population fluctuations can be observed. In fact they note that, in some cases, population declines were of the order of 30-60% from the highest post-farming levels, corresponding to the scale of decrease estimated for the much later Black Death. This is despite the population during the Middle Age being considerably larger than that of the Neolithic.

The authors find that those fluctuations cannot be associated to climatic factors however the exact reasons for this population decline remain unknown.

doi: 10.1038/ncomms3486

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度