Research press release

【再生医療】置換用の分泌腺を培養する

Nature Communications

Regenerative medicine: Replacement glands grown in a dish

2種類の分泌腺(唾液腺と涙腺)を作製し、マウスへの移植にも成功したことを報告する論文が、今週掲載される。今回の研究は、生物工学的に作製された臓器による置換再生医療が、将来的には、唾液腺と涙腺の機能不全を回復させるための実現可能な方法となる可能性を示唆している。

唾液腺と涙腺の機能不全は、さまざまな疾患と関連しており、生活の質を低下させ、新たな健康問題を引き起こすことがある。今回、辻孝(つじ・たかし)たちは、胚発生過程での細胞相互作用を模倣する方法によって、唾液腺と涙腺の前駆体(器官原基)を人為的に作製し、それをマウスに移植して、器官原基が移植先の神経系、そして、唾液管や涙管ともうまく接続することを明らかにした。この生物工学的に作製された唾液腺や涙腺は、さまざまな化学的刺激に応答して唾液や涙を分泌し、正常な口腔環境と眼環境を回復させた。

今回の研究では、マウスの健常な唾液腺と涙腺を切除したうえで、新たに作製された唾液腺と涙腺の移植を行ったわけだが、この方法で、機能不全になっている唾液腺や涙腺の置換にも成功するのかどうかは、今後の研究を待たなければならない。

The generation of two types of secretory glands and their successful transplantation into mice is reported in two papers published in Nature Communications this week. The work suggests that bioengineered organ replacement therapy could one day become a feasible strategy to restore lost salivary or lacrimal (tear) gland function.

Salivary and lacrimal gland dysfunction are associated with various diseases, reduce quality of life and can cause additional health problems. Takahashi Tsuji and colleagues create lacrimal and salivary gland precursors - so-called organ germs - in a dish by mimicking cellular interactions during embryonic development. They go on to show that, after transplantation into mice, these organ germs successfully connect to the nervous system and ducts of the host. The bioengineered glands respond to various chemical stimuli by secreting fluid and restore a normal oral and ocular environment.

As the glands were transplanted into mice after excision of a healthy gland, future work is required to investigate whether this strategy would also allow the replacement of dysfunctional glands.

doi: 10.1038/ncomms3497

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度