Research press release

【材料】クモの糸に導電性を与えて高性能センサーの開発をめざす

Nature Communications

Materials: Conductive web improves spidey sensors

クモの糸をカーボンナノチューブで被覆して作った強力で柔軟な導電性繊維について記述された論文が、今週掲載される。今回の研究で、この材料をエレクトロニクス用途に利用する道が開かれた。

クモの糸は、すぐれた強度と柔軟性など、構造的に有益な特性を数多く備えており、電子デバイスでの利用で注目を集める可能性があるが、エレクトロニクス用途で利用できるかどうかは、導電性材料との適合性にかかっている。今回、Eden Stevenたちは、クモの糸を導電性カーボンナノチューブで被覆するための合成方法を開発した。この方法で作製される材料は、被覆されていない導電性繊維より靭性が高く、この新材料の導電性は糸の物理的歪と湿度に依存している。今回の結果は、この材料を用いたさまざまなセンサー(例えば、心臓パルスセンサー)の実証を通じて、クモの糸を用いた電気デバイスのさらなる開発に役立つことが期待されている。

A strong, flexible and electrically conductive fibre formed from spider silk coated with carbon nanotubes is described in Nature Communications this week. This achievement paves the way for the use of this material in electronic applications.

Spider silk has many structurally beneficial properties that may be attractive for use in electronic devices, such as great strength and flexibility, but its use in electronic applications depends on its compatibility with conductive materials. Eden Steven and colleagues have developed a synthetic procedure for the coating of spider silk with conductive carbon nanotubes. This material has improved toughness compared to the uncoated fibre whilst also being electrically conductive, with conductivity dependent on physical strain of the thread and also humidity. Through the demonstration of various sensors based on this material, including a heart pulse sensor, it is hoped these results will aid further development of spider silk-based electrical devices.

doi: 10.1038/ncomms3435

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度