Research press release

【古生物学】古代のトカゲにサメの尾に似た構造

Nature Communications

Palaeontology: Ancient lizards tell a shark’s tail

ヨルダン中央部で見つかった白亜紀後期のモササウルス(大型のトカゲ類の一種)の化石から水かきのついた尾の存在が判明し、モササウルスがサメのように泳いでいたことが示唆されている。

モササウルス類は、約9800~6600万年前に優占していた海生爬虫類だ。モササウルス類の祖先については、相対立する学説が存在し、それに加えて、化石記録の中に軟組織の証拠がなく、モササウルスのボディープラン(体制)に関する記述と推定が誤っていたために、モササウルスの泳ぎは遅かったという仮説が広まっていた。今回、Lindgrenたちは、極めて良好な状態で保存された軟組織を含む化石標本を解析して、クジラ類と魚竜類(イルカ類に似た海生爬虫類)の尾鰭に似た三日月状の尾鰭を同定した。

Lindgrenたちは、このモササウルスの化石の形態を現生サメ類と比較して、モササウルスが効率よく泳いでいたという結論に達した。今回の研究では、この特徴的な尾が、同じような環境で生息していた数種類の分類群の動物においてそれぞれ独立に進化していたことも示唆されている。

A Late Cretaceous mosasaur fossil from central Jordan reveals a tail with flippers that suggests these lizards swam like sharks. The work is reported this week in Nature Communications.

Mosasaurs were the dominant marine reptiles from around 98-66 million years ago. Conflicting theories regarding the ancestry of mosasaurs, combined with a lack of soft tissue evidence in the fossil record and incorrect descriptions and reconstructions of the mososaur body plan, had led to the pervasive hypothesis that these reptiles were slow-swimmers. Lindgren and colleagues analysed a fossil specimen with exceptionally well-preserved soft tissue and identified a crescent-shaped tail fin, similar to whales and ichthyosaurs (marine reptiles that resembled dolphins).

Comparison of the morphology of the fossil with modern sharks led to conclusion that mosasaurs were efficient swimmers. The research also suggests that this characteristic tail have evolved independently in several groups that occupied similar environments.

doi: 10.1038/ncomms3423

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度