Research press release

【医学研究】ゼブラフィッシュの遺伝子変異を利用したてんかん薬のスクリーニング

Nature Communications

Medical research: Screening epilepsy drugs with zebrafish

ドラベ症候群のゼブラフィッシュモデルにおいて、クレミゾールという化合物が、てんかんに似た発作の抑制に有効なことが明らかになった。この新知見で、てんかん疾患の新たな治療法を特定するために利用できる新しい方法の妥当性が確認された。

ドラベ症候群は、幼児期に発症する重症てんかんで、重篤な自発性、再発性の発作を特徴としているが、現在入手可能な抗てんかん薬では、こうした発作を十分に管理できない。ドラベ症候群の主たる原因因子は特定の電位依存性ナトリウムチャネル(SCN1A)の変異であることが、これまでの研究で明らかになっていた。今回、Scott Barabanたちは、米国食品医薬品局が承認した薬のライブラリーに含まれる化合物のスクリーニングを行い、ドラベ症候群の場合に似たSCN1A遺伝子の変異を有するゼブラフィッシュにおいて、クレミゾールという化合物が自発的なけいれん行動やてんかん様電気活動を阻害することを見いだした。ゼブラフィッシュSCN1A遺伝子の機能と特徴の大半は、ヒトSCN1A遺伝子と共通しているため、ゼブラフィッシュは、ドラベ症候群の研究に有用なモデルと考えられている。

クレミゾールがヒトのてんかんの治療に有効かどうかを判定するには、さらなる研究が必要となるが、Barabanたちは、今回の研究で用いられた方法に似た方法が、ドラベ症候群とその他の疾患の治療に利用できる他の化合物の同定につながることを期待している。

The chemical compound clemizole is effective in blocking epilepsy-like seizures in a zebrafish model of Dravet syndrome. This finding, reported in Nature Communications, provides validation for a new approach that could be used to identify alternative therapies for epilepsy disorders.

Dravet syndrome is a severe form of epilepsy that begins in infancy and is characterised by severe, spontaneous and recurrent seizures, which are inadequately managed using available antiepileptic drugs. Mutations in a specific voltage-gated sodium channel (SCN1A) have been shown to be a main causal factor for the syndrome. Scott Baraban and colleagues perform a screen of compounds from a library of US Food and Drug Administration-approved drugs, and find that the compound clemizole inhibits spontaneous convulsive behaviours and electrographic seizures in zebrafish with Dravet syndrome-like SCN1A mutations. As SCN1A in zebrafish is known to share the majority of functions and feature with the human variant, zebrafish are thought to be a useful model in which this syndrome can be studied.

Further studies will be needed to determine if this compound will be effective in treating human conditions, but the authors hope that approaches similar to that used in this study will identify other compounds that could be used to treat Dravet syndrome and other disorders.

doi: 10.1038/ncomms3410

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度