Research press release

【肥満】睡眠不足になると高カロリー食品が欲しくなる

Nature Communications

Obesity: Feeding off sleepless nights

断眠によって脳の活動に変化が生じ、その変化が、高カロリー食品に対する欲求と関連していることが判明した。この新知見は、睡眠不足と肥満の結びつきを裏づける疫学的証拠について新たな見解をもたらすものといえる。

先進工業国で肥満が急速に増えていることは、同じ集団において睡眠時間が減少し続けていることと不確かながらも相関関係が認められている。断眠が食欲を増進すると一般的に考えられているが、この作用を説明する機構については、十分な解明がなされていない。今回、Matthew Walkerたちは、断眠した被験者に対して、カロリー価の異なるさまざまな食品の画像を見せ、その際に脳画像化技術を用いて、被験者の応答を調べた。その結果、断眠した被験者の方が、食べることへの意欲に関連する脳領域の活動が活発になり、食物刺激を評価する脳領域の活動が低下し、その結果として、高カロリー食品に対する欲求が高まった。

これらの脳領域に断眠が影響を及ぼす理由の解明は今後の研究にまたなければならないが、Walkerたちは、今回の研究で得られた知見が公衆衛生政策の向上に役立つことを期待している。

Sleep deprivation causes changes in brain activity that are associated with a desire for high-calorie food items, reports a study in Nature Communications this week. These findings provide further insight into epidemiological evidence that supports a link between sleep loss and obesity.

A steep rise in obesity in industrialized nations anecdotally correlates with a continual decline in sleep duration, in the same populations. It is generally believed that sleep deprivation increases appetitive food desire, but the mechanisms that explain this effect are not fully understood. Matthew Walker and colleagues use brain imaging to study the responses of sleep-deprived individuals as they are presented with images of food of varying calorific values. They find that sleep-deprived individuals show greater activity in areas associated with the motivation to eat, and decreased activity in areas of the brain that evaluate food stimuli, which results in an increased desire for high-calorie foods.

Although further studies are needed to understand why sleep deprivation has an effect on these brain regions, the authors hope that these findings will help to improve public health policies.

doi: 10.1038/ncomms3259

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度