Research press release

【神経科学】成体になってからの強い不安の原因は胎盤?

Nature Communications

Neuroscience: Placental origins of anxiety

哺乳類の仔は、子宮内での発生期に特定のホルモンが欠乏すると、成体になってから、より強く不安を感じることがわかった。この新知見は、情動行動の長期的プログラミングにおける胎盤の役割に関して新たな手がかりをもたらしている。

インスリン様増殖因子2は、哺乳類の胎仔と胎盤の発生で大きな役割を果たすことが明らかになっており、胎盤と胎仔における発現の変化が、子宮内での発育不全に関係すると考えられている。子宮内発育不全は、新生仔の発育に影響することが知られているが、その長期的影響は十分に解明されていない。今回、Lawrence Wilkinsonたちは、胎盤においてのみインスリン様増殖因子2が欠乏していたマウスの成体期の行動を調べた。その結果、このマウスの不安に関連する行動的形質が増強されており、これに伴って、この種の行動に関連する脳の遺伝子発現に特異な変化が見られた。

今回は、マウスを用いた研究だったが、これによって得られた知見は、ヒトの発生にさらに幅広いかかわりをもつ可能性がある。ただし、この新知見が妥当する範囲を判断するには、さらなる研究が必要となる。

Mammalian offspring may be more anxious when they reach adulthood if they are deprived of certain hormones while developing in the womb. The findings, reported in Nature Communications this week, reveal new insights into the role of the placenta in long term programming of emotional behaviour.

Insulin-like growth factor-2 has been shown to play a major role in foetal and placental development in mammals and changes in expression of this hormone in the placenta and foetus are implicated in growth restriction in the womb. Although intrauterine growth restriction is known to affect the development of neonates, the long term consequences are not fully understood. Lawrence Wilkinson and colleagues examine the adult behaviour of mice that lacked insulin-like growth factor-2 in the placenta only and find that these mice exhibit increases in behavioural traits related to anxiety, which are accompanied by specific changes in brain gene expression related to this type of behaviour. Although these studies were carried out in mice, these findings may have wider implications for human development. However, further studies will be needed to determine the extent to which this is true.

doi: 10.1038/ncomms3311

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度