Research press release

【神経科学】脳損傷に対する保護作用が高まったアストログリア

Nature Communications

Neuroscience: Better protection against brain injury

このほど行われたラットの研究で、ある特定の脳損傷に対する保護作用が高くなった脳細胞のサブタイプが生成された。今回の研究は、中枢神経系の損傷に対する細胞治療の開発に寄与する可能性がある。

アストログリアは、中枢神経系の最も一般的な細胞で、ニューロンの発生とその機能を支援し、脳機能維持を支える役割を果たしている。今回、Wengbin Dengたちは、転写因子Olig2のマーカーを有するヒト胚性幹細胞からアストログリアを作製した。Olig2は、脳細胞の発生に関与していることが知られている。そして、Dengたちは、Olig2を発現するアストログリアの部分集団を脳虚血(脳卒中の際に見られる血液供給の中断に似た症状)を起こしたラットの脳に移植し、Olig2陰性のアストログリアを移植した場合よりも脳損傷に対するニューロン保護作用が高いことを見いだした。Olig2陽性のアストログリアを移植されたラットは、学習・記憶課題の成績も優れていた。

今回の研究では、細胞治療に利用できる可能性のある細胞集団のさまざまな特性を調べることの重要性が浮き彫りになった。

Generation of a subtype of cells in the brain that provide better protection against a certain type of brain injury in rats is reported in a paper published in Nature Communications. This work may contribute to the development of cell therapies following damage to the central nervous system.

Astroglia are the most common cells in the central nervous system and play a supportive role in the development and function of neurons and in ensuring brain integrity. Wengbin Deng and colleagues produce astroglia from human embryonic stem cells carrying a marker for the transcription factor Olig2 - known to be involved in brain cell development. The team transplanted the subpopulation of Olig2-expressing astroglia into the rat brain after cerebral ischaemia - a restriction of blood supply similar to that seen during a stroke- and noted that this protected neurons better against the brain injury than transplantation of Olig2-negative astroglia. The rats carrying the Olig2-positive transplanted astroglia also perform better in a learning and memory task.

The work highlights the importance of investigating the different properties of cell populations used in possible cell therapy approaches.

doi: 10.1038/ncomms3196

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度