Research press release

【生態】森林を守るとサンゴ礁も守れる

Nature Communications

Ecology: Save the trees to save the reefs

現在の森林伐採を逆転させるための保全プロジェクトが、沿岸のサンゴ礁生態系にも役立つ可能性が浮上した。今回の研究では、マダガスカルにおけるサンゴ礁への流送土砂量を減らすためには、局地的な土地利用管理の実施が、気候変動に変化をもたらすことよりも重要なことが示唆されている。この研究結果を報告する論文が、Nature Communicationsに掲載される。

河川上流域の森林面積は、流水によって沿岸域に運ばれる土砂量に影響することが知られている。沿岸に近いサンゴ礁系、例えば、マダガスカルのサンゴ礁系では、森林が別の用途に転換されているために、流入する土砂量が増えている。今回、Joseph Mainaたちは、さまざまな気候変動の将来予測と土地利用変化のシナリオを用いて、マダガスカルの主要なサンゴ礁生態系と関連する4つの河川流域における河川の流れと流送土砂量のシミュレーションを行った。その結果、気温上昇などの気候変動の悪影響よりも河川上流域での森林伐採の影響の方が大きいことが判明した。Mainaたちは、森林伐採の環境問題に取り組むために資源を投入することが、沿岸部のサンゴ礁生態系の保全にも役立つ可能性を示している。

Conservation projects to reverse current deforestation could also benefit coastal coral reef ecosystems reports a paper published in Nature Communications this week. The work suggests that regional land-use management is more important than mediating climate change for reducing coral reef sedimentation on Madagascar.

Forest cover up-river is known to affects the sediments that are washed down to the coast. Near-shore coral reef systems, such as those on Madagascar, are experiencing increased sediment supply due to the conversion of forests to other land uses. Joseph Maina and colleagues simulated river flow and sediment supply in four watersheds that are linked to Madagascar’s major coral reef ecosystems for a range of future climate change projections and land-use change scenarios. They find that the adverse effects of climate-change, such as increased temperatures, are outweighed by the impact of deforestation up river. They suggest that resources spent tackling the environmental issue of deforestation may therefore also aid in preserving the coral reef ecosystems at the coast.

doi: 10.1038/ncomms2986

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度