Research press release

【神経科学】ショウジョウバエのモーションキャプチャ

Nature Communications

Neuroscience: Motion capture on the fly

ショウジョウバエの行動を追跡し、自動的に分類する方法が新たに開発された。そして、この方法を用いた測定により、個々のショウジョウバエが、他のショウジョウバエと異なる特異な運動パターンを示し、そのパターンが、数日間安定していることが明らかになった。

今回、Benjamin de Bivortの研究チームが開発したツールは、デジタルアニメに用いられるモーションキャプチャ技術と同じように作動する。ショウジョウバエの6本の脚それぞれに異なる蛍光色素のスポットが塗られ、ショウジョウバエが球体上を歩き回る間、このスポットにレーザーが照射された。そして、コンピュータープログラムによって、このスポットの位置からショウジョウバエの行動がリアルタイムで分類された。

将来的には、このシステムをショウジョウバエの脳の個々のニューロンの活動を監視するための既存の方法と組み合わせられるようになり、特定の行動を引き起こすニューロンネットワークを解明するための研究を強化できると考えられる。

A new technique that traces and automatically classifies the behaviour of fruit flies is reported in Nature Communications this week. The study shows that individual flies display particular patterns of movement that are distinct from those of other flies and are stable over periods of days.

The tool, which was developed by Benjamin de Bivort and his team, operates in a similar manner to motion capture technologies used in digital animation. Each of the fly’s six legs is marked with spots of a different fluorescent dye, which are then illuminated with a laser as the fly roams on a ball. Based on the positions of the spots, a computer program classifies what the fly is doing in real time.

It should in future be possible to combine the system with existing methods to monitor the activity of individual neurons in the fly brain, enhancing efforts to map the neuronal networks that drive specific behaviours.

doi: 10.1038/ncomms2908

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度