Research press release

【がん】進行した前立腺がんを狙い撃ちする低分子

Nature Communications

Cancer: Targeting advanced prostate cancer

アンドロゲン受容体のシグナル伝達を阻害する低分子を利用して前立腺がん治療薬を開発するという可能性が浮上した。アンドロゲン受容体シグナル伝達は、前立腺がんの進行を促進する重要な役割を果たすことから、この経路を遮断する薬物が、治療薬候補として注目を集めている。現在のところ、この低分子は、マウスの前立腺がんモデルで腫瘍の増殖を阻害することが明らかになっているが、この薬物を人間の患者に投与した場合の安全性と有効性は検証されていない。

前立腺がんは、男性ホルモン(アンドロゲン)の濃度を低下させる治療法に対して、最初は感受性を示す傾向がある。しかし、前立腺がんの後期には、アンドロゲン受容体シグナル伝達が持続的に活性化され、がんがアンドロゲンに依存しなくなるため、治療が難しくなる。今回、Ganesh Rajたちは、前立腺がん細胞核に侵入して遺伝子発現を活性化させるというアンドロゲン受容体の能力を低下させて、このシグナル伝達過程の特異的なターゲティングを行う分子を設計した。この分子によるターゲティングで、前立腺がん細胞からは、持続的増殖に必要なシグナルが失われる。

A small molecule that inhibits androgen receptor signalling could be used to develop new drugs to treat advanced prostate cancer, according to a report this week in Nature Communications. As androgen receptor signalling has an important role in driving prostate cancer progression, drugs that block this pathway are an attractive prospect for treatments. At this stage, the molecule has been shown to inhibit tumour growth in a mouse prostate cancer model, and the safety and efficacy of the drug in human patients has not yet been tested.

Prostate tumours tend to be initially sensitive to treatments that reduce levels of male sex hormones, known as androgens. However, in late stages of the disease, androgen receptor signalling can become permanently activated, making the tumours androgen independent and therefore harder to treat. Ganesh Raj and colleagues designed a molecule that targets this signalling process specifically, by reducing the ability of the androgen receptor to enter the nucleus and activate gene expression. In doing so, it starves prostate cancer cells of a signal that is required for their continued growth.

doi: 10.1038/ncomms2912

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度