Research press release

【化学】環境にやさしい金の回収

Nature Communications

Chemistry: Green recovery of gold

金を含有する廃材から金を回収するための環境にやさしい方法が発見された。これは、臭化金塩とα‐シクロデキストリンの間の完全な「ホスト‐ゲスト」相互作用によるプロセスで、α‐シクロデキストリンは、デンプンから生成できる単純で毒性のない炭水化物だ。

金の価格は、この10年で、4倍に高騰したため、鉱石や廃棄された家庭用電化製品から金を回収することへの動きが明白に見られる。現在の回収法は、毒性の強いシアン化物塩を用いて金を「浸出」させているため、それに伴って環境への害や経済的負担が生じている。今回、Fraser Stoddartたちは、α‐シクロデキストリンと金塩との「超分子」相互作用によって、たとえプラチナやパラジウムのような類似金属が混在した模擬廃材や実際の廃材であっても、金の選択的回収を効果的に行えることを明らかにした。

この新知見によって、環境汚染のリスクが低下し、もっと経済的で有効な金の回収法への道が開かれることが期待されている。

An environmentally friendly strategy for recovering gold from gold-bearing waste materials is reported in Nature Communications this week. The process relies on the perfect “host-guest” interaction between gold bromide salts and alpha-cyclodextrin - a simple, non-toxic carbohydrate that can be produced from starch.

The price of gold has increased four times in the past ten years, so there is a clear incentive for its recovery from ores and consumer electronics waste. Current processes rely on highly toxic cyanide salts to “leach” the gold, and so have associated environmental and financial costs. Fraser Stoddart and colleagues show that the “supramolecular” interactions between alpha-cyclodextrin and gold salts allow the effective and selective recovery of gold from simulated and real waste materials, even in the presence of similar metals such as platinum and palladium.

It is hoped that finding this will pave the way for more economically viable gold recovery, with lower risks of environmental contamination.

doi: 10.1038/ncomms2891

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度