Research press release

【医学研究】毛細血管の詰まりを光で取り除く

Nature Communications

Medical research: Clearing blocked capillaries with light

生きているマウスの細胞を捕捉し、移動させるための非侵襲的な方法が開発された。これは、赤外光ピンセットを用いる方法で、マウスの毛細血管の詰まりを除去して、血流を回復できることが明らかになった。

光ピンセットは、レーザービームを集光させることによって作り出され、試験管のような管理された環境下での一分子の生物物理学的測定に広く用いられているが、生きている動物の細胞の操作に用いられることはなかった。今回、Yin-Mei Liの研究チームは、マウスの耳の皮下毛細血管に赤外レーザーを集光させる方法を用い、レーザー強度を変えることで、赤血球の停止、解放、透過を行った。Liたちは、この方法によって、毛細血管を詰まらせる血球凝集塊から個々の赤血球を除去して、血流を回復させた。

Liたちは、集光された光の生体組織透過性が比較的低いことから、この赤外光ピンセットの使用範囲が、今のところは皮下毛細血管に限られる点を指摘している。そのため、毛細血管より幅の広い血管や複雑度の高い血栓にも有効に作用するには、この方法のさらなる改善が必要だと考えられる。

A non-invasive technique to trap, or move, cells in living mice has been reported in Nature Communications this week. The method, based on infrared optical tweezers, can restore blood flow in mice by clearing blocked capillaries.

Optical tweezers are focused laser beams and are widely used for biophysical measurements of single molecules in controlled environments such as test tubes. However, they have not previously been used to manipulate cells in living animals. Yin-Mei Li and his team focus infrared lasers on subdermal capillaries in mouse ears, which allows them to stop, and release, passing red blood cells by changing the intensity of the laser. They use this technique to remove individual red blood cells from a clump that blocked a capillary so that blood flow is restored.

The authors noted that the application of these infrared optical tweezers is currently limited to subdermal capillaries due to the relatively weak tissue penetration of focussed light. Further improvements would therefore be needed in order for this approach to work with wider blood vessels or more complex blood clots.

doi: 10.1038/ncomms2786

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度