Research press release

【植物科学】環境変化がもたらす植物の侵入

Nature Communications

Plant Sciences: Environmental change leads to invasion of the plants

気候変動を原因とする環境変動の増加によって、植物の侵入のような生態系の変化が加速する可能性を明らかにされた。この研究では、環境の変化を原因とする将来的な生物多様性の変化が、かなり過小評価されていた可能性が示唆されている。 環境の変化には、平均的状態の変化と環境変動の変化の2つの形態がある。今後、環境変動が増加し、とりわけ極端な気候事象が起こることが、複数のモデルで予測されている。今回、O Bossdorfたちは、環境変動の増加が生態系の変化も加速させる可能性があるという考え方を示している。

Bossdorfたちは、世界的に最も侵入性の高い植物種の1つであるイタドリについて調べて、栄養素の変動が増加するとイタドリの侵入とその後の蔓延が促進されることを見いだした。侵入性の高いイタドリは、周期的な洪水によって擾乱と栄養素パルスが起こる河川沿いで優占度が非常に高く、大きな被害を生んでいる。極端な気候事象が増えると、こうした洪水の発生可能性が高まるため、気候変動の増加によって侵入性植物種のさらなる蔓延が促進されることが、Bossdorfたちの研究結果で強く示唆されている。

An increase in environment variability, due to climate change, may accelerate ecological changes such as plant invasion, suggests research published in Nature Communications this week. The work implies that future biodiversity changes due to environmental change may have been considerably underestimated.

Environmental change comes in two forms: changes in average conditions and changes in environmental variability. Models predict that environmental variability will increase in the future leading to, amongst other things, extreme climate events. Oliver Bossdorf and colleagues suggest that this increase in environment variability may also speed up ecological change.

The team study one of the most invasive plant species in the world, Japanese knotweed, and find that an increase in nutrients variability promotes the plant’s invasion and subsequent spread. Invasive knotweeds are most dominant, and cause greater damage, along rivers where periodic floods create disturbance and nutrient pulses. As a rise in extreme climate events would increase the likelihood of these floods, Bossdorf et al’s results strongly suggest elevated variability will promote the further spread of invasive plant species.

doi: 10.1038/ncomms2632

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度