Research press release

【古生物学】古代のラクダは北極にいた

Nature Communications

Palaeontology: Ancient camels were ships of the Arctic

現生ラクダの起源は北極だった可能性を示すデータを示した論文が、今週掲載される。この論文では、約350万年前にカナダの高緯度北極域で大型ラクダが生息していたことを示す証拠について報告されている。

ラクダは、一般に乾燥地域と関連づけられているが、約4500万年前の始新世の北米に起源がある。今回、N Rybczynskiたちは、カナダの高緯度北極域でラクダの遺骸化石が発見され、北米のラクダの生息域が約1200キロメートル北方に広がったことを報告している。Rybczynskiたちは、ラクダの化石が発見された堆積物層の年代を鮮新世中期としている。この時期は、比較的温暖で、このラクダが生息していた頃、この地域は森林に覆われていた。

Rybczynskiたちは、この頃のラクダが現代のラクダより大型で、2000キロメートル以上離れたユーコン地方に生息していた大型ラクダと共通点があることを指摘している。今回の研究結果は、現生ラクダの進化史が、森林に覆われた北極で十分に定着していた大型ラクダの系統までさかのぼる可能性を示唆している。

Modern camels may have originated in the Arctic according to data presented online this week in Nature Communications. The study reports evidence of a giant camel that lived in the High Arctic of Canada around 3.5 million years ago.

Camels are commonly associated with arid regions, but they originated in North America during the Eocene period around 45 million years ago. The discovery of camel remains in Canada’s High Arctic, reported by Natalia Rybczynski and colleagues, extends the range of North American camels northward by around 1,200 km. They determine that deposits in which the camel fossil was found date back to the mid-Pliocene epoch. This was a relatively warm period, and the area was forested at the time that the camel lived.

The authors note that the camel was bigger than modern camels, and shared similarities with the Yukon giant camels, which lived over 2,000 km away. Their results suggest that the evolutionary history of modern camels can be traced back to a lineage of giant camels that was well-established in a forested Arctic.

doi: 10.1038/ncomms2516

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度