Research press release

【材料】ウイルス認識用の合成材料

Nature Communications

Materials: Synthetic materials for virus recognition

ウイルスを認識できる合成ナノ粒子材料を作製する方法について報告する論文が、今週掲載される。今回の研究では、この有機‐無機複合材が水中に超低濃度で存在するウイルス粒子を選択的に認識できることが実証された。ウイルスの生産と診断に応用でき、最終的には治療法への応用も可能になるかもしれない。

低分子を認識できる材料に関する研究報告が幅広く行われてきたが、ウイルスは大きいため、その認識は難題になっている。今回、P Shahgaldianたちは、ウイルス自体をテンプレートとして用い、ウイルスの周囲に有機シリカの層を成長させた。そして、ウイルスを除去すると、正しい大きさと形状のウイルスの痕跡が残り、このウイルスとの選択的な結合が可能になった。このテンプレート作製過程が、この合成材料の高い性能と選択性をもたらしている。

A strategy for making synthetic nano-particulate materials capable of recognizing viruses is reported in Nature Communications this week. The organic-inorganic composite materials demonstrate selective recognition of viral particles at ultra-low concentrations in water, and may lead to applications in virus production and diagnostics and ultimately, therapy.

Materials capable of recognizing small molecules are widely reported but the recognition of viruses is harder due to their larger size. Patrick Shahgaldian and his colleagues use the viruses themselves as templates and then grow a layer of organosilica around the virus. The removal of the virus leaves an imprint which has the correct size and shape to selectively bind that virus. It is this process of creating a template that leads to the high performance and selectivity of the material.

doi: 10.1038/ncomms2529

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度