Research press release

【遺伝】消化のよいモロコシ

Nature Communications

Genetics: Highly digestible Sorghum

モロコシのデンプンの消化性を高める自然発生遺伝子が明らかになった。モロコシは、その他の多くの穀物が繁殖できない極限的な状態が存在するアフリカの主要商品作物の1つだ。しかし、モロコシの消化性が低いことは、有用な食料源となるうえでの根本的課題となっている。今回の研究は、アフリカにおいて食料を確保するための新しい方法となる可能性がある。

モロコシは、乾燥と暑さに強い穀物で、元々、アフリカで栽培化され、重要な食料源となっている。ところが、消化性が本来的に低いことが、モロコシの長年にわたる問題だった。今回、I D Godwinたちは、デンプン代謝酵素のプルラナーゼに関するアレルの1つが、モロコシの消化性とカロリー価を高めることを見いだした。このアレルは、作物の成長と収量には影響を与えないので、農地拡大をせずに生産量を増やすことが可能だ。

今回の研究は、水と土地の利用効率を最大限に高めながら、将来の食料供給を確保するための実行可能な方法をもたらしている。

A naturally occurring gene which increases the digestibility of Sorghum starch is reported in Nature Communications this week. Sorghum is a staple crop in Africa where conditions are extreme and many other cereal crops can’t thrive. However, its low digestibility presents a fundamental challenge for its utility as a food source and the research could provide new options for securing food supplies in this region.

Sorghum is a drought- and heat-tolerant cereal, originally domesticated in Africa, where it constitutes an important food source. A long standing issue with the grain however, is its inherently low digestibility. Ian D. Godwin and colleagues find an allele for a starch metabolic enzyme, pullanase, which leads to higher digestibility and calorific value in the crop. The allele has no effect on plant growth and yield and allows for increased production without agricultural expansion.

This work provides a potentially viable way of securing future food supplies while maximizing water and land use efficiency.

doi: 10.1038/ncomms2450

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度