Research press release

【神経科学】自制心の強い子どもが大人になると

Nature Communications

Neuroscience: Playing the self control long-game

小児期に高度のセルフコントロールができる者は、この能力を成人期まで維持でき、関係する神経ネットワークの動員効率を高められる可能性も秘めていることが判明した。この新知見は、ヒトの一生にわたるセルフコントロールの個人差に関する手がかりをもたらしている。詳細を報告する論文が、今週掲載される。

小児期に満足を遅延させる能力を身につけていることは、その後の人生における多くの重要な健康、社会と認知に関する結果と関連づけられてきたが、こうした関連性の根底にある神経機構の解明は遅れている。今回、M Bermanたちは、1960年代後半に実施された満足遅延研究に子どもとして参加した人々について、fMRIを用いた研究を行った。その結果、子どものときにセルフコントロールをうまく行っていた人々は、子どものときのセルフコントロールの評価点が低かった者と比べて、成人になってからの神経処理の効率が高くなったことを示す神経的特徴を有することが判明した。

Bermanたちは、このfMRIデータによって、セルフコントロールのレベルに関する正確な予測ができるようになった。また、Bermanたちは、この神経的特徴の特異な部分を、セルフコントロールだけでなく、成人期まで維持される他の能力に関する生物学的予測因子としても利用できる可能性があることを明らかにした。

Individuals who are able to exert a high level of self-control during childhood maintain this through adulthood and may be more efficient at recruiting relevant neural networks. The findings reported in Nature Communications this week provide insights into lifelong individual differences in self-control over the lifespan of an individual.

Although the ability to delay gratification as a child has been linked to many important health, social, and cognitive outcomes later in life, the neural mechanisms that underlie these associations are poorly understood. Marc Berman and colleagues use fMRI to study a group of individuals who were child participants in delayed gratification studies during the late 1960s. They find that individuals who exerted better self control as children, display neural signatures that are indicative of increased neural processing efficiency as adults. This is in comparison to individuals who displayed lower self-control ratings as a child.

The neuroimaging data allowed the authors to make accurate predictions about the levels of self-control and shows that specific features of neural signatures can be used as biological predictors of not only self-control, but perhaps other abilities that are maintained through to adulthood.

doi: 10.1038/ncomms2374

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度