Research press release

【診断法】チップ上にバイオマーカーの測定結果が棒グラフで表示される

Nature Communications

Diagnostics: Biomarker bar graphs on the chip

疾患のバイオマーカーを測定でき、低コストで使い勝手の良いマイクロ流体デバイスについて報告する論文が、今週掲載される。いわゆるV-Chipは、光学部品や電子部品を用いずに、生物学的試料中のバイオマーカーの濃度を迅速に測定して表示する。

携帯型診断装置の開発において、疾患バイオマーカーの定量的測定は、きわめて重要な要件なのだが、まだ実現されていない。これまでに開発された大部分のシステムは、電子センサーや光学システムを用いていたが、複雑で、コストもかかる。今回、L Qinたちが開発したV-Chipデバイスは、バイオマーカーの検出と酵素による酸素産生を組み合わせたものだ。この酸素ガスによって、赤いインクが、この装置上の微小チャネルの中を移動する。その移動距離は、試料中のバイオマーカーの量に比例している。Qinたちは、最大50点の試料を並行して測定し、定量的結果が装置上の直観的なインクの棒グラフとして直接表示されるチップの設計例を数多く示している。

この方法はビジュアルな性格を有し、単純なため、さまざまな診断用途に応用される可能性がある。

A cheap and easy-to-use microfluidic device for the measurement of disease biomarkers is reported in Nature Communications this week. The so-called V-Chip can measure and display the concentration of a biomarker in a biological sample quickly and without the relying on optical or electronic components.

Quantitative measurement of disease biomarkers remains a critical yet unmet need in the development of portable diagnostic devices. Most systems developed so far rely on electronic sensors or optical systems, which are complicated and costly. In their V-Chip device, Lidong Qin and colleagues link the detection of biomarkers with the enzymatic production of oxygen. The gas then pushes red ink along tiny channels on the device, with distances being proportional to the amount of biomarker in the sample. The team presents various chip designs that allow the measurement of up to 50 samples in parallel and that display quantitative results as intuitive ink bar graphs directly on the device.

Due to its visual nature and simplicity, the method could find application for a range of diagnostic purposes.

doi: 10.1038/ncomms2292

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度