Research press release

材料:自然界から発想を得た超弾性グラフェン

Nature Communications

Materials: Bio-inspired super-elastic graphene

三次元グラフェンネットワークを作製する方法について報告する論文が、今週、掲載される。このグラフェン「モノリス」は、密度がきわめて低く、弾性が非常に大きく、復元速度がきわめて高く、電気伝導率も良好なため、グラフェンを用いた新しいタイプのフレキシブル(柔軟)なデバイスへの道が開けるかもしれない。

グラフェンを機能材料として開発するためには、単層シートのユニークな特性を保持しつつ、複数のシートの組立てができることが必要とされる。今回、D Liたちは、グラフェンの化学的性質と氷の物理的性質を組み合わせて、グラフェンモノリスを凍結鋳造した。このグラフェンモノリスの構造は、自然に存在するコルクに似ている。この新材料は、自重の50,000倍以上の重さを支えることができ、80%の圧縮からも復元できる。

Liたちは、この新材料の孔に機能材料を組み込むことができると考えており、グラフェンを用いた新しいナノ複合材の作製の大いなる可能性を示している。

A strategy for making three-dimensional graphene networks is reported in Nature Communications this week. These graphene ‘monoliths’ exhibit ultralow density, super-elasticity with an extremely high recovery rate, and electrical conductivity and they may pave the way for new types of graphene-based flexible devices.

The development of graphene as a functional material requires that multiple sheets can be assembled while maintaining the unique properties of single sheets. Dan Li and his colleagues use a combination of graphene chemistry and ice physics to freeze cast the graphene monoliths, which have a structure similar to that of natural cork. The new material can support more than 50,000 times its own weight and can recover from 80% compression.

The authors suggest that functional materials can be incorporated into the voids in the material, offering plenty of room to fabricate new graphene-based nanocomposites.

doi: 10.1038/ncomms2251

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度