Research press release

【生物工学】古紙からバイオ燃料

Nature Communications

Biotechnology: Turning paper into biofuel

動物や植物と共通の特性をもつ単細胞微生物が、セルロースをエネルギー源として生育する能力をもつことが明らかになった。この微生物を光とともに利用すれば、古紙からバイオ燃料を作り出せるようになるかもしれないのだ。この新知見を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

消化されにくい植物成分を分解できる能力は、太陽光をエネルギー源として使えない生物だけに限られている、というのがこれまでの考え方だった。今回、O Kruseたちは、光合成を行う緑藻コナミドリムシ(Chlamydomonas reinhardtii)が、セルロースを分解して、もっと小さな分解産物を生成するための酵素を分泌でき、この分解産物が、細胞に取り込まれて、成長のためのエネルギー源に変換されることを発見した。現在、水素や油によるバイオ燃料を藻類から生成する研究に多大な労力が費やされているが、今回の研究で、コナミドリムシが、これまでよりも高い効率で植物廃棄物をバイオ燃料に変換するための触媒としての新たな役割を果たす可能性が生まれている。

A single-celled microbe that shares properties with both animals and plants has the ability to thrive on cellulose as a source of energy, reports research published in this week’s Nature Communications. The organism could potentially be used to generate biofuel from waste paper with the aid of light.

Up to now, the ability to degrade difficult to digest plant matter was thought to be restricted to organisms that are unable to use sunlight as an energy source. Olaf Kruse and his colleagues discovered that the photosynthetic green alga Chlamydomonas reinhardtii can secrete enzymes that digest cellulose into smaller breakdown products, which are then imported into the cells and converted into a source of energy for growth. A great deal of effort is currently focussed on generating both hydrogen and oil-based biofuels from algae, and Chlamydomonas could now find a new role as a catalyst to convert plant waste into biofuel with greater efficiency than was previously possible.

doi: 10.1038/ncomms2210

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度