Research press release

生態:出口のない虫こぶに生息するアブラムシの排泄物廃棄

Nature Communications

Ecology: Aphids take the rubbish out when there’s no front door

宿主植物の中で、完全に閉鎖された「虫こぶ」を巣として生息するアブラムシが、その植物の細胞壁を使って、排泄物の廃棄を行っていることを報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この研究結果は、このアブラムシが数か月にわたって外界から孤立した生活を送る過程を説明しており、宿主植物を利用して巣の掃除をするように進化した過程に関する手がかりをもたらしている。

アブラムシ類などの昆虫は、宿主植物の中にふくらみ(虫こぶ)を形成し、この虫こぶが、その昆虫にとっての巣となり、食料源として機能している。多くの場合、虫こぶには開口部があり、採餌、防御、排泄物の廃棄が楽にできるようになっている。ところが、数百匹から数千匹規模の社会性アブラムシのコロニーの一部では、虫こぶが完全に閉鎖しており、排泄物の蜜が虫こぶにたまり、その廃棄が問題となる。今回、深津武馬(ふかつ・たけま)たちは、開放型と閉鎖型の虫こぶを形成するアブラムシ種を比較研究した。その結果、閉鎖型の虫こぶの内側の表面が水分の吸収に特化していることがわかった。これによって、排泄物の蜜が、宿主植物の維管束系を介して排出され、明確な廃棄物処理口がないという問題が解決されているのだ。

Aphids living in a completely closed gall, or nest, use the plant walls to dispose of their waste, reports a study in Nature Communications this week. This explains how the aphids are able to live isolated from the outside world for several months, and sheds light on how they have evolved to use their host plants for nest cleaning.

Insects, such as aphids, form growths known as galls on their host plant that function as both a home and a food source for the insects. These galls most often have an opening, which makes foraging, defense and waste disposal simple. However, some social aphid colonies - made up of hundreds to thousands of individuals - form completely closed galls, presenting a problem for disposing of their waste product - honey dew - that collects inside the gall. Takema Fukatsu and colleagues studied and compared different aphid species that formed open and closed galls. They discovered that for the aphids living in closed galls the inner surface of the gall is specialised for absorbing water. This therefore removes the honeydew waste via the plant vascular system, solving the problem of having no obvious waste disposal exit.

doi: 10.1038/ncomms2187

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度