Research press release

微生物学:ヒト腸内マイクロバイオームの起源

Nature Communications

Microbiology: Origins of the human gut microbiome

チンパンジーとヒトには、腸内に動員される細菌群集に共通の傾向があることが明らかになった。この新知見は、ヒトの腸内に定着する細菌の種類に影響を与える因子の進化的起源が、これまで予測されていたよりも古いことを示唆している。研究の詳細を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

ヒトは、一般的に、腸内に存在する細菌種の特徴的なパターンをもとに、いくつかの「エンテロタイプ」の1つに分類される。個人のエンテロタイプは、数年をかけて変わることがあり、エンテロタイプの選択は、食餌の影響を受けていると考えられている。今回、H Ochmanの研究チームは、チンパンジーについてもエンテロタイプによる分類が可能で、チンパンジーのエンテロタイプがヒトのエンテロタイプに非常によく似ていることを明らかにした。そして、このような新知見をもとにして、Ochmanたちは、進化の過程におけるエンテロタイプの出現が、ヒトの食餌の多様性に対する直接的応答であった可能性が低いと推論し、エンテロタイプは、ほかの霊長類と共通しているヒトの生物学的特質の諸側面(例えば、免疫系)によって決まっている可能性が非常に高いという見方を示している。

Chimpanzees share with humans a tendency to recruit particular communities of bacteria in the gut, according to new work published this week in Nature Communications. The findings suggest that the factors influencing which bacteria are able to colonize our intestines have more ancient evolutionary origins than was originally predicted.

Humans can generally be categorized into one of several groups known as enterotypes based on characteristic patterns of bacterial species present in the gut. Individuals can switch enterotype over periods of years, and enterotype selection is thought to be influenced by diet. Howard Ochman and his team show that chimpanzees can also be grouped into enterotypes that strikingly resemble those found in humans. The authors infer from these findings that these different groups are therefore unlikely to have emerged during evolution as a direct response to the diversity of the human diet. Instead they suggest that the enterotypes are probably determined by aspects of our biology, such as our immune system, which we share with other primates.

doi: 10.1038/ncomms2159

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度