Research press release

ゲノミクス:ラクダの生き残り術がゲノム塩基配列解読で明らかに

Nature Communications

Genomics: Camel genome reveals basis for survival skills

野生のフタコブラクダと家畜化されたフタコブラクダのゲノム塩基配列の解読結果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。ラクダは、食餌から高濃度の塩分を摂取しつつも、糖尿病や高血圧にならないが、今回明らかになったラクダのゲノムは、その理由を説明するうえで役立つ可能性がある。今回の研究成果は、極限環境でのラクダの生き残りを可能にする機構の研究にとっての情報源となる。

野生のフタコブラクダ(Camelus bactrianus ferus)は、旧世界ラクダの唯一の生き残りで、中国北西部とモンゴル南西部に生息している。紀元前3000年頃に生息していたことは動物考古学的記録から明らかになっているが、現在の生息数はわずか730~880で、絶滅寸前種と考えられている。今回、H Mengたちは、モンゴルに生息する8歳の雄の野生のフタコブラクダと6歳のアラシャンフタコブラクダのゲノムの塩基配列解読を行い、その進化と家畜化の歴史の解明を進めた。

その結果、ウシよりも進化速度が有意に速い2730個の遺伝子が同定され、それらが代謝に関連するシグナル伝達経路などの経路に位置することが明らかになった。Mengたちは、こうした経路の進化が特に速かったことが、ラクダの砂漠でのエネルギー貯蔵と生産を最適化するうえで役立った可能性があると考えている。また、今回の研究では、インスリンシグナル伝達経路の遺伝子の適応が見つかった。このことで、インスリン抵抗性が高く、血糖値の高いラクダが、糖尿病を起こさない理由を説明できるかもしれない。

The genome sequence of both the wild and domestic bactrian camel is reported this week in Nature Communications. The genome may help to explain why camels can tolerate a high dietary intake of salt yet don’t develop diabetes or hypertension and the work provides a resource for research into the mechanisms that enable camels to survive extreme environments.

Wild bactrian camels (Camelus bactrianus ferus) reside in north western China and south western Mongolia and are the lone survivors of old world camels. Archaeozoological records show that they were present around 3000 BC, however their number currently tallies only 730-880 and they are considered a critically endangered species. He Meng and colleagues now sequence the genomes of an 8-year-old wild male Bactrian camel and a 6-year-old Alashan bactrian camel, both from Mongolia, in order to better understand the history of their evolution and domestication.

The team identify 2,730 genes that evolve significantly faster in camels than in cattle and mapped them to signalling pathways, which include those related to metabolism. The authors suggest that the accelerated evolution of these particular pathways may have helped camels to optimize their energy storage and production in the desert. They also discover adaptations in genes of the insulin signalling pathway that may explain camels’ high insulin resistance and high blood glucose without the development of diabetes.

doi: 10.1038/ncomms2192

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度