Research press release

画像化:腫瘍に新たな光を当てる

Nature Communications

Imaging: Tumours in a new light

腫瘍の画像の質を現在よりも高めるとされる近赤外線発光プローブについて報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。従来のプローブに関連した諸問題の一部(例えば、画像化感度や特異性が低いこと)が、この新しいプローブによって克服される可能性が生まれている。

近赤外線は、腫瘍の画像における腫瘍対バックグラウンド比を向上させることが知られているが、今回、J Raoたちは、光を照射しなくても近赤外線を発光するナノ粒子を開発した。このナノ粒子プローブには、有害な重金属が含まれておらず、これによって医療分野への応用が促進される可能性がある。Raoたちは、マウスを使って、このプローブを評価し、循環時間が長く、血清中での安定度も高く、近赤外線の発光が強いことを明らかにした。

蛍光画像化法は、生物系の本来の状態を可視化し、また、医用画像化(例えば、外科手術の際のガイドとなる)を行うためにも有用なツールになっている。効果的なプローブが新たに開発されれば、蛍光画像化法の有用性の向上は続くと考えられる。

A type of probe that may allow higher quality imaging of tumours than is currently possible is reported in Nature Communications this week. The near-infrared emitting probe may overcome some of the problems associated with traditional probes, including low imaging sensitivity and specificity.

Jianghong Rao and colleagues develop a nanoparticle that does not need to be illuminated to emit near-infrared light, which is known to improve tumour-to-background imaging ratios. The probe does not contain heavy toxic metals, which may facilitate medical application. Evaluation in mice showed long circulation times, high serum stability, and produced strong near infrared emission.

Fluorescent imaging has become a useful tool for visualising biological systems in their native state and in medical imaging, for example to guide surgery. New, effective probes may continue to expand the utility of fluorescent imaging.

doi: 10.1038/ncomms2197

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度