Research press release

【動物行動】ショウジョウバエの幼虫の視覚能力

Nature Communications

Animal behaviour: At first sight

ショウジョウバエの幼虫の視覚系は、周囲でくねくね動く幼虫の複雑なイメージを見分けられるという研究結果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。ショウジョウバエは、ヒトの数多くの基本的機能のモデルとして広範に用いられているが、これまで、視覚能力は低いと考えられていた。ところが、今回の研究結果によれば、必ずしもそうではないと考えられ、今後は、発達段階にある視覚系の複雑性に焦点を当てた研究にも積極的に利用できる可能性が生まれている。

ショウジョウバエの幼虫には、視細胞の数が少なく、視覚処理能力が低いことが示唆されている。今回、B Condronたちは、幼虫を表面上に固定し、近くで自由に採餌活動をしている幼虫の行動を観察するという単純なアッセイを開発した。そして、このアッセイでは、採餌中の幼虫が、固定されてくねくね動く幼虫に引き寄せられ、それが嗅覚的な手がかりとは無関係なことがわかった。この行動は、コンピューター画面上にくねくね動く幼虫の動画を表示した実験でも再現された。

Condronたちは、ショウジョウバエの幼虫に基本的な視覚系しか備わっていないが、その後の情報処理を比較的大型の中央脳で行うことで、入力の単純性を補っていると結論づけた。また、このように周囲で動く幼虫を認識できることは、幼虫が協力行動を行い、食料源に臨機応変に引き寄せられるようになるために必要だとも考えている。

The visual system of Drosophila larvae can distinguish complex images of other writhing larvae, reports a study in Nature Communications this week. Drosophila - a widely used model for many basic human functions - were previously thought to have limited visual capabilities. However this work suggests that this may not be the case and therefore could lead to Drosophila being used in many more studies including those focussed on the complexities of developing visual systems.

Drosophila larvae have a small number of photoreceptors, which suggests that their capacity for visual processing should be limited. Barry Condron and colleagues develop a simple assay whereby they tether larvae to a surface and observe the behaviour of nearby freely foraging larvae. They find that the foraging larvae are attracted to the writhing tethered larvae, independent of olfactory cues, and that this behaviour could be replicated by playing movies of writhing larvae on a computer screen.

The authors conclude that although the visual system of the larvae is basic, further processing likely takes place in the relatively large central brain, to compensate for the simple input. They suggest that this ability to recognise other moving larvae may be required for cooperative behaviour, or an opportunistic attraction to a source of food.

doi: 10.1038/ncomms2174

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度