Research press release

【電池】グリッドスケールのエネルギー貯蔵に有用な電池

Nature Communications

Batteries: Grid-scale energy storage

安全で、急速充電でき、低コストで長寿命の新しいタイプの電池について報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この論文では、水系アルカリイオン電池の製造に用いる新しいタイプの負極材の開発について述べられている。この新材料は、グリッドスケールのエネルギー貯蔵への応用に道を開く可能性がある。ただし、そのためには、電池のサイクル寿命を大幅に延ばして、再生可能エネルギー源の統合を達成できるようにすることが求められている。

今回、Y Cuiたちが開発した新しい種類のハイブリッド負極は、開骨格構造の結晶を有する正極と適合しているため、電池へのエネルギーの急速貯蔵ができる。この電極は、安全で低コストの水性電解質中で作動する。これによって得られる電池は、大出力、高エネルギー効率を示し、1000回の重放電サイクル後の容量損失はゼロだった。こうした性能、スケーラビリティーと安全性が得られる電池は、定置エネルギー貯蔵用途に適している。

A new type of safe, fast, inexpensive, and long-life battery is reported in Nature Communications this week. The paper describes the development of a new type of anode material that is used to produce an aqueous alkali ion battery. This new material could help to pave the way towards grid-scale energy storage applications, which will require a substantial increase in cycle life to accommodate the integration of renewable energy sources.

Yi Cui and coworkers developed a novel class of hybrid anodes that are compatible with an open framework crystal structure cathode, which allows fast storage of energy into the battery. The electrodes operate in safe, inexpensive aqueous electrolytes. The resulting batteries show high power and energy efficiency, and a zero capacity loss after 1000 deep-discharge cycles. The performance, scalability, and safety of these batteries make them desirable for stationary energy storage applications in the future.

doi: 10.1038/ncomms2139

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度