Research press release

【有機化学】カルシウムチャネル拮抗剤によるパーキンソン病の治療可能性

Nature Communications

Organic chemistry: Channelling new treatments for Parkinson’s disease?

パーキンソン病に関与するとされる特定のタイプのイオンチャネルタンパク質に選択的に作用する分子が見つかった。この化合物が、パーキンソン病治療薬の新たな候補につながるかもしれない。研究の詳細を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。

脳内には、さまざまなカルシウムチャネルのサブタイプが存在し、ある特定のサブユニットを含むカルシウムチャネルが、パーキンソン病において何らかの役割を果たすと考えられている。したがって、この特定のカルシウムチャネルのサブタイプを標的とする薬物が、パーキンソン病の治療に有益である可能性がある。薬物の選択性は、副作用を抑制しつつ、効果的に症状を緩和するために重要なことが知られている。今回、R Silvermanたちは、化合物ライブラリーのスクリーニングを行い、パーキンソン病に関与するとされるカルシウムチャネルに結合する化合物を同定した。そして、その化合物を修飾して、この特定のカルシウムチャネルのサブタイプに対する強力な選択的阻害剤を作製した。

今後の研究の展開によっては、パーキンソン病の治療法研究に新たな道が開かれる可能性がある。

The first molecule that is selective for a particular type of ion-channel protein that is implicated in Parkinson’s disease is reported in Nature Communications this week. The chemical compound could prove to be a new drug candidate for the treatment of the disease.

Various subtypes of calcium channels exist in the brain, and calcium channels containing a particular subunit are thought to have a role in Parkinson’s disease. Drugs that selectively target this particular calcium channel subtype may therefore be useful for treating the disease. Selectivity of drugs is known to be important to achieve effective alleviation of symptoms whilst limiting side-effects. Richard Silverman and colleagues screened chemical libraries to identify compounds that bind to the calcium channel that is implicated in Parkinson’s disease. The team then modified the compound to produce a potent and selective inhibitor of the calcium channel subtype.

With further development the work could lead to a new avenue of enquiry for the treatment of Parkinson’s disease.

doi: 10.1038/ncomms2149

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度