Research press release

幹細胞:移植された幹細胞の特性を調べる

Nature Communications

Stem cells: Engrafted stem cell properties

移植された幹細胞をin situで調べて、この幹細胞に関する理解を深めることは、幹細胞の治療法としての臨床応用を成功させるために必要とされる。このほど行われた研究では、神経幹細胞・前駆細胞(NSPC)の安全性と有効性の評価が行われ、ラットに移植されたNSPCの挙動が、培養細胞での実験による予測と異なることがわかった。この結果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

NSPCの移植は、神経変性疾患の有望な治療法だが、これまで、移植後のNSPCのプロフィールを解析した研究はなかった。今回、岡田誠司(おかだ・せいじ)たちは、移植前、細胞培養を始めて7日後、ナイーブ状態、マウスの損傷脊髄中のNSPCの細胞特性をそれぞれ評価して、比較した。この研究では、バイオイメージング、フローサイトメトリーによる単離、RNA塩基配列の超高速解読が行われ、その結果、NSPCには脊髄損傷に有益な効果が見られたが、NSPCの挙動が、培養細胞を用いた研究に基づいた予測と有意に異なることが明らかになった。今回の研究結果は、NSPCがその環境に対して脆弱なことを明確に示しているが、その一方で、幹細胞治療の進歩にはさらなる解析が重要であることを強調している。

A better understanding of engrafted stem cells in situ is required before we progress towards their successful clinical application in therapies. Research in Nature Communications assesses the safety and efficacy of neural stem/progenitor cells (NSPCs), and finds their behaviour differs when engrafted into rats from that predicted by experiments in cell culture.

NSPC transplantation is a promising treatment for neurodegenerative disorders, but until now researchers have not analysed their profile after transplantation. Seiji Okada and colleagues evaluated, and compared, the cellular properties of the cells pre-transplantation, after seven days in culture, in naive, and in injured spinal cord in mice. Using bioimaging, flow-cytometric isolation and ultra-high-throughput RNA sequencing they show that although the cells had beneficial effects on spinal cord injury, their behaviour differed significantly from predictions based on work in cell cultures. The results highlight the vulnerability of these cells to their environment, but emphasise the importance of further analysis before the advance of stem cell based therapies.

doi: 10.1038/ncomms2132

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度