Research press release

【動物学】ニューカレドニアカラスが道具をうまく使えるわけ

Nature Communications

Zoology: New Caledonian crows are handy with tools

ニューカレドニアカラスは、まっすぐな嘴と極めて広い両眼視野のおかげで、道具を巧みに使えることがわかった。道具をしっかりとつかむことのできる嘴と優れた視覚フィードバックを兼ね備えているから、餌探しがうまいのだ。この新知見を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

ニューカレドニアカラス(Corvus moneduloides)は、例えば、木の枝や葉の縁を用いて複雑な道具を作り、それを枯れ木や草木に差し込んで、獲物を掘り起こす。今回、J Trosciankoたちは、カラス属6種の18羽について、その視野と形態を測定した。その結果、ニューカレドニアカラスが、カラス属の他の種と比べて、道具を有効に扱うように適応しており、それは、器用な手と正確な視覚制御によってモノを操るヒトの形態的適応に非常によく似ている。

New Caledonian crows are skilled at using tools thanks to a straight bill and an extremely wide binocular field of vision, finds a study in Nature Communications this week. This explains how the birds are better able to forage for food with a bill that allows them a firm grip on tools, combined with good visual feedback.

New Caledonian crows (Corvus moneduloides) are able to make complex tools from, for example, sticks and leaf edges, and insert them into deadwood or vegetation to dig for prey. Jolyon Troscianko and colleagues measured the field-of-vision and morphology in 18 birds from six Corvus species. Their findings show that, compared with other Corvus species, New Caledonian crows are adapted to handle their tools effectively, much like the morphological adaptations of humans, who can manipulate objects with dextrous hands and precise visual control.

doi: 10.1038/ncomms2111

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度