Research press release

【細胞生物学】心不全の治療法に新たな手がかり

Nature Communications

Cell biology: Arresting cardiac disease

ある特定のマイクロRNAファミリーが、マウスの心不全を引き起こす心肥大を誘導するために必要十分であることが明らかになった。この新知見は、マイクロRNAを介した心臓の発生と心血管系の安定性の調節に関する新たな手がかりといえる。この研究成果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

心不全などの心疾患は、ヒトの主要な死亡原因の一つであるが、現在の心不全の治療法はあまり成果を上げていない。マイクロRNAは、心臓やその他の多くの体内器官の数多くの発生過程と生理過程に関与していることが知られている。今回、T Thumたちは、マイクロRNAの発現研究を行い、マイクロRNA 212/132ファミリーがマウスの心臓細胞の肥大において重要な役割を果たすことを明らかにした。そして、これらのマイクロRNAのうちの一つに対する特異的阻害剤をマウスに静脈内注射する実験では、心肥大と心不全の予防効果が明らかになった。

Thumたちは、この新知見について、心肥大と心不全の新しい治療法につながる見通しを持っている。

A certain microRNA family is necessary and sufficient to induce cardiac hypertrophy leading to heart failure in mice, reports a new study in Nature Communications this week. These findings reveal new insights into microRNA-mediated regulation of heart development and cardiovascular system stability.

Cardiac diseases including heart failure are one of the leading causes of human mortality and current therapeutic approaches to treat heart failure have limited success. MicroRNAs are known to be involved in many developmental and physiological processes of the heart as well as many other organs in the body. Thomas Thum and colleagues use microRNA expression studies to identify the 212/132 family as being important in hypertrophy in rodent heart cells. Intravenous injection of specific inhibitors against one of these microRNAs was shown to protect the mice from cardiac hypertrophy and heart failure.

The authors suggest that these findings may offer a promising novel therapeutic approach for treating cardiac hypertrophy as well as heart failure.

doi: 10.1038/ncomms2090

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度