Research press release

【行動】フェロモンを手がかりに餌を探すガの幼虫

Nature Communications

Behaviour: Hungry caterpillars follow pheromones

ガやチョウの成体は、配偶者を引き寄せるときに匂いを利用するが、幼虫もこれと同じ匂いのついた食物に引き寄せられることがわかった。今回の研究では、通常の食物と性フェロモンの混ざった食物を選べる状況下で、幼虫は、フェロモン入りの食物を選ぶことが明らかになった。これは意外な発見と言える。性的に未熟な幼虫は、ガやチョウの成体が放出する性フェロモンには応答しないと考えられていたからだ。この結果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

E Jacquin-Jolyたちは、ワタやタバコの葉など多彩な植物を餌とするヤガ科スポドプテラ属Spodoptera littoralisの幼虫で、こうした観察結果を得た。この幼虫は、雌雄を問わず、雌フェロモンに引き寄せられており、このことは、幼虫がフェロモンのシグナルを性フェロモンとして使っていないことを示している。Jacquin-Jolyたちは、幼虫が、自然界で食物を見つけるための便法として、この匂いを利用している可能性があると考えている。ガの成体には、適切な植物を効果的に見つけ出せるような複雑度の高い嗅覚系が備わっているからだ。

The same scents that adult moths and butterflies use to attract mates are shown to attract caterpillars to food in this week’s Nature Communications. The study shows that, given the choice between normal food or food mixed with sex pheromone, the caterpillars opt for the pheromone-laced meal. This finding is surprising as sexually immature insect larvae such as caterpillars were thought not to respond to sex pheromones released by adult moths and butterflies.

Emmanuelle Jacquin-Joly and colleagues make these observations in cotton leafworms, caterpillars that feed on a wide range of plants including cotton and tobacco. They find that the caterpillars of both sexes are attracted to a female pheromone, which indicates that this signal is not used as a sex pheromone by larvae. It is possible that the caterpillars use this scent as a shortcut to find food in the wild, the authors suggest, since adult moths have a more complex olfactory system that may be better equipped to identify suitable plants.

doi: 10.1038/ncomms2050

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度