Research press release

【材料科学】グラフェンの代わりに二硫化モリブデン

Nature Communications

Materials Science: Move over graphene

多層構造の二硫化モリブデン化合物からなる電界効果トランジスターについて報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。このトランジスターは、作製法が単純で、商業的用途に役立つかもしれない有望な電子特性と電力消費特性を示している。

二硫化モリブデンは、グラフェンの代わりに電界効果トランジスターに使用する半導体材料として提案されているが、単層の二硫化モリブデンの作製法が複雑なため、商業的プロセスに適合しなかった。今回、D Jenaたちは、多層二硫化モリブデントランジスターを作製して、この問題を克服した。D Jenaたちは、電力消費特性と電子特性が著しく改善されたことを報告しており、この材料が実用的用途に役立つ可能性があると考えている。

A field effect transistor based on multilayers of the compound molybdenum disulfide is reported in this week’s Nature Communications. The devices are simple to fabricate, and display promising electronic and power consumption properties that may be of use in commercial applications.

Molybdenum disulfide has been put forward as a semiconducting alternative to graphene for use in field effect transistors. However, the complex process of fabricating single layers of the material has hindered its compatibility with commercial processes. Debdeep Jena and colleagues overcome this problem by fabricating multilayer molybdenum disulfide transistors. They report significant improvements in the power consumption and electronic properties, suggesting that this material may be of use in practical applications.

doi: 10.1038/ncomms2018

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度