Research press release

【材料科学】ロールコーティングで発光電気化学セルを作る

Nature Communications

Materials science: Light on a roll

ロール塗布機を用いて、伸縮可能な大面積発光デバイスが作り出された。この発光デバイスは、空気中で連続製造できるので、有機LEDに代わるデバイスとして有望視されている。この研究成果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

有機材料は、さまざまな伸縮可能な電子デバイス(例えばLED)に利用できるのだが、こうしたデバイスは、材料の特性に非常に敏感なため、層の厚さを十分に制御しなければならないし、現在のところ、真空下で製造されているので、コスト高につながり、難度も高い。これに代わるデバイスとしては、発光電気化学セル(LEC)がある。LECも有機化合物から作られているが、LEDのように欠陥に敏感ではない。今回、L Edmanたちは、周囲条件下でロール塗布技術を用いてLECを連続製造し、伸縮可能な大面積発光デバイスを実現した。LECのひとつひとつの層には非常にむらがあり、LEDであれば許されないところだが、LECデバイスは高い性能を示した。また、Edmanたちは、LECデバイスに長期安定性があり、低コストで故障許容型の製造が可能なことも明らかにした。

The creation of flexible, large-area light-emitting devices using roll-coating equipment is reported in this week’s Nature Communications. The devices are produced in an uninterrupted fashion in air, presenting a promising alternative to organic LEDs.

Organic materials can be used for a wide range of flexible electronic devices, including LEDs. However, these devices are very sensitive to the material properties, requiring a well-controlled layer thickness, and their fabrication currently takes place under vacuum, which makes them more costly and challenging to produce. An alternative is the light-emitting electrochemical cell (LEC), which is also formed from organic compounds, but without the sensitivity to imperfections of LEDs. Ludvig Edman and colleagues now produce LECs using uninterrupted roll-coating techniques in ambient conditions, allowing for large area and flexible light-emitting devices. The individual layers of the LEC are highly uneven - which would not be tolerated for LEDs - but the device performance is still high. They also show long-term stability, making them viable for low-cost, fault-tolerant production.

doi: 10.1038/ncomms2002

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度