Research press release

【紫外線】日焼けのさらなる問題点

Nature Communications

Radiation: The darker side of tanning

悪性黒色腫は紫外線曝露によって発症する場合があるが、この場合に皮膚の色素沈着の程度に依存する場合と無関係な場合のあることを報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。この研究結果は、皮膚がんと太陽光放射の関係について新たな手がかりをもたらしている。

悪性黒色腫は、遺伝的な素因をもつ人が日光浴や日焼けマシーンで紫外線に曝露することに関連した疾患だが、皮膚がんにおいて特定波長の紫外線エネルギーが果たす役割は十分に解明されていない。

今回、E De Faboたちは、実験用の紫外線照射システムを設計し、それと紫外線誘発黒色腫のトランスジェニックマウスモデルを用いて、黒色腫における長波長紫外線(UVA)と中波長紫外線(UVB)の役割を調べた。その結果、UVAの特徴的なDNA損傷作用が生じるためにはメラニン色素が必要だが、UVBのDNA損傷作用にはメラニンが必要でないことが判明した。

色白の肌はUVBの影響を受けやすいが、日焼けによる刺激でメラニンが産生された場合には、UVAの影響も受けやすくなる可能性がある、とDe Faboたちは結論づけている。今回の研究で得られた知見は、日焼けの安全基準を見直す必要性があるかもしれないことを明確に示している。

Malignant melanoma can be caused by ultraviolet exposure that is both independent and dependent on the degree of pigmentation in the skin reports a paper in Nature Communications this week. These findings provide new insights into the relationship between skin cancer and sunlight radiation.

Malignant melanoma is associated with ultraviolet exposure of genetically susceptible individuals to sunlight or artificial sources such as tanning beds. However, the roles of specific wavelengths of ultraviolet energy in skin cancers are not well understood.

Edward De Fabo and colleagues design and use an ultraviolet delivery system together with a transgenic mouse model of ultraviolet-induced melanoma, to investigate the roles of UVA and UVB in melanoma. They find that UVA requires the pigment melanin for its characteristic DNA damaging effects whereas UVB does not require melanin.

The authors conclude that fair skin is not only vulnerable to UVB, but if stimulated by tanning to produce melanin, then it may also be susceptible to UVA. These findings highlight the potential need to redefine tanning safety limits.

doi: 10.1038/ncomms1893

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度