Research press release

【古生物学】マンモス絶滅の軌跡

Nature Communications

Palaeontology: Tracing the extinction of the woolly mammoth

放射性炭素年代測定によってマンモス絶滅の時空間的パターンを調べる研究が行われた。その結果、45,000〜30,000年前にベーリンジアに大量に生息していたマンモスが、気候の変化、生息地の変化とヒトの存在による長期的な個体数減少を経て、最後まで島部に生息していた個体群が約4,000年前に絶滅したことが明らかになった。この結果を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。

今回、G MacDonaldたちは、地域別の放射性炭素測定年代データベースを用いて、ベーリンジア(現在のアラスカからシベリア東部にまたがる地域でマンモスの最後の生息地となった)における絶滅パターンを調べた。その結果、45,000〜30,000年前の最終氷期に、マンモスがベーリンジアの広大な大地に大量生息していたことがわかった。大陸のマンモスは、最後には北部に集中して生息していたが、気候が温暖化し、泥炭地、湿潤ツンドラと針葉樹林が発生した約10,000年前に消滅した。そして、最後まで島部に生息していた集団は、約4,000年前に絶滅したこともわかった。MacDonaldたちは、マンモス絶滅が、複数の原因によっている可能性が非常に高く、気候、生息地の変化とヒトの存在による長期的減少の結果だったと結論づけている。

The spatio-temporal pattern of extinction of the woolly mammoth is traced with radiocarbon dating in a study published in Nature Communications this week. The findings show how the Beringian mammoth, which lived in abundance 45,000 to 30,000 years ago, experienced a long decline facing changes in climate, habitat and the presence of humans, until the loss of final island populations about 4,000 years ago.

Glen MacDonald and colleagues used a georeferenced data-base of radiocarbon dates to study the pattern of extinction in Beringia - which spreads over present-day Alaska and eastern Siberia and was the last refuge of the woolly mammoth. The results suggest that mammoths were abundant in the open-habitat between 45,000-30,000 years ago, during the last ice age. The final continental mammoths, concentrated in the north, disappeared around 10,000 years as the climate warmed and peatlands, wet tundra and coniferous forest developed. The final island populations became extinct around 4,000 years ago. The authors conclude that the extinction of the woolly mammoth was most likely not due to a single cause, but the result of a long decline with changes in climate, habitat and human presence.

doi: 10.1038/ncomms1881

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度