Research press release

【生態】数百万年間にわたって互いに忠実を守ったアリと菌類

Nature Communications

Ecology: Ants and fungi paired up for millions of years

菌類を栽培するアリ種の中に、過去数百万年にわたって単一種の菌類と相互作用してきたアリのいることが明らかになった。菌類を栽培するアリは、菌類を餌として栽培しているが、「一種類のアリには一種類の菌類」といった排他的な関係があるのかどうかについては未解明だった。今回の研究結果は、アリが、他にも数々の菌類種を選べたにもかかわらず、進化の長い時間経過において特定の菌類に対して忠実であったことの実例といえる。この結果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

菌類を栽培するアリ種は、その菌類を餌としている。この相利共生関係において、アリは、この菌類に栄養を与え、保護し、拡散させている。今回、N Mehdiabadiたちは、Cyphomyrmex wheeleri種群の138個体のアリと400点の菌類栽培種の試料の関係を調べた。その結果、Cyphomyrmex wheeleri種群のアリが、過去数百万年間にわたって、特定の菌類のみと共生してきたとする考え方が裏づけられた。

A fungus-growing ant species has been associated with a single fungus type for millions of years, reports a study published in Nature Communications this week. Fungus-growing ants cultivate fungi for food, but it has been unclear whether single ant and fungal species are exclusive to one another. This study provides an example of fidelity of these ants to a specific fungus over evolutionary time, even though alternative fungi species have been available.

Fungus-growing ants depend on the cultivation of fungi for food. In this mutually beneficial relationship the ants in turn nourish, protect and disperse the fungi they grow. Natasha Mehdiabadi and colleagues studied the relationship between 138 individual ants from the Cyphomyrmex wheeleri species group and over 400 fungus-cultivar samples. Their results support the idea of ants’ conformity to particular fungi in this group of fungus-growing ants over several millions of years.

doi: 10.1038/ncomms1844

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度