Research press release

【がん】特定の腫瘍細胞を標的とする細胞透過性ペプチド

Nature Communications

Cancer: Specific targeting of tumour cells

特定の腫瘍の細胞系譜を標的とする細胞透過性ペプチドに関する研究が行われた。こうした細胞透過性ペプチドは、抗がん分子を腫瘍細胞に送達する優れたシステムとなる可能性を秘めている。この研究について報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

細胞透過性ペプチドについては、すでに研究報告があるが、それぞれの種類の腫瘍細胞に対する特異性の解明は、ほとんど進んでいない。今回、愛知県がんセンター研究所の近藤英作たちは、培養下で、一部の細胞透過性ペプチドが、1~2種類の腫瘍細胞だけを透過することを明らかにした。近藤たちは、培養下で、白血病細胞を標的とするペプチドを集中的に調べ、このペプチドが、直ちに非がん細胞を透過しなかったことを発見した。また、この種類の細胞へのペプチドの取り込みにとって重要な意味をもつ可能性のある輸送体も同定した。さらに、既知の腫瘍抑制因子に結合したペプチドを使用したところ、培養下で白血病細胞の死滅率が上昇し、マウスにおいて腫瘍の転移率が低下した。以上の新知見は、このペプチドを特定の種類の腫瘍細胞を標的とするために利用できる可能性を示唆している。

Cell-penetrating peptides that target particular lineages of tumour cells are described in a study published in Nature Communications this week. These agents could provide a good system for delivering anti-cancer molecules to tumour cells.

Cell-penetrating peptides have been previously described but little is known about their specificity for different tumour cell types. In this study, Eisaku Kondo and colleagues show that some cell-penetrating peptides only permeate one or two cell types in culture. Focusing on a peptide that targets leukemia cells in culture, they show that the peptide did not readily penetrate non-cancerous cells. However, they identified a transporter that may be important for uptake of peptides into this cell type. They also showed that a peptide attached to a known tumour suppressor enhanced the death of cells in culture and reduced metastasis of tumours in mice. These findings suggest that these peptides could be used to target specific tumour cell type.

doi: 10.1038/ncomms1952

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度