Research press release

【化学】金属‐有機フレームワークを用いた二酸化炭素の捕捉

Nature Communications

Chemical Sciences: Metal-organic frameworks capture CO2

周囲条件下で大量の二酸化炭素(CO2)を吸収できる多孔性金属‐有機フレームワークが合成された。この技術は、工業プロセスにおけるCO2の捕捉と分離に新たな可能性を開く可能性がある。この成果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

金属‐有機フレームワークは、気体の捕捉に有望視される高多孔性材料だ。この材料については、常温常圧での効率の低さが、CO2の捕捉のための利用を拡大するうえでの大きな課題となっていた。今回、B Chenたちは、この課題を克服し、周囲条件下でCO2吸収量が多い金属‐有機フレームワークを発表した。

金属‐有機フレームワークは、低コストで毒性がないため、現在、さまざまな工業プロセスでCO2の化学的吸収に用いられている溶媒に代わる有望な材料となる可能性がある。

A porous metal-organic framework that can absorb large amounts of carbon dioxide (CO2) at ambient conditions is reported in Nature Communications this week. This technology may open up new possibilities for the capture and separation of CO2 in industrial processes.

Metal-organic frameworks are highly porous materials that are promising for gas capture. A significant challenge to their more widespread use for capturing CO2 has been their inefficiency at ambient temperatures and pressures. Banglin Chen and colleagues present a metal-organic framework that overcomes this problem and displays a high uptake of CO2 at ambient conditions.

Because of their low cost and non-toxic nature, metal-organic frameworks could become viable alternatives to the solvents that are presently used to chemically absorb CO2 in industrial processes.

doi: 10.1038/ncomms1956

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度