Research press release

【生体材料】実験室で真珠母を作る

Nature Communications

Biomaterials: Mother of pearl in the lab

真珠層(「真珠母」と呼ばれることの方が多い)を人工的に作製する方法を初めて報告した論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。このプロセスは、自然からヒントを得て考案されたもので、低コストの出発原料と持続可能な方法によって、虹色を発する強靭な皮膜を形成するコーティング剤を製造する道が開かれるかもしれない。

真珠層は、有機質と無機質の多層構造の生体材料で、その機械的強度と虹色発色性は、その個々の成分よりも優れている。今回、U Steinerたちは、自然の成長条件を模倣して、一層ずつ積み上げていく方法を用いて、炭酸カルシウムから人工真珠層を作製した。その結果得られた材料は虹色を発し、天然の真珠層よりも機械的靱性が優れていた。

今回、人工真珠層が開発されたことで、軟体動物における真珠層の形成過程、そして、実験室で人工真珠層の特性を向上させる方法に関する研究が促進されると考えられる。

A strategy for making artificial nacre, more commonly known as mother of pearl, is reported for the first time in Nature Communications this week. This nature-inspired process may pave the way for tough and iridescent surface coatings which can be made from cheap starting materials and uses sustainable methods.

Nacre is a biomaterial with a multi-layered organic-inorganic structure which displays greater mechanical strength and optical iridescence than either of its components. Ulrich Steiner and his colleagues use a layer by layer approach to manufacture artificial nacre from calcium carbonate - mimicking the natural growth conditions. The resulting material is iridescent and displays greater mechanical toughness than natural nacre

The development of artificial nacre should lead to a deeper understanding of how this material forms in molluscs and how we can enhance its properties in the lab.

doi: 10.1038/ncomms1970

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度